1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盛岡の休日


宿は盛岡の南にある小さな町。

近所にマリア観音を安置してる寺があったり、盛岡の反対側の現場への通勤途中に、1200年前に大和朝廷が蝦夷を支配するために建てた城跡なんかがあったり、まぁ、その筋が好きなおれみたいなものには、なかなか興味深い土地である。

部屋が宿の風呂場の真上という環境、同室の相棒が暑がりで夜じゅうエアコン回しっぱなしの、今どき電力会社の手先のような罪深いやつ。おかげでこちら、肘の関節が冷えて痛んで何度も目が覚め、腕を布団にしまう。またいつの間にか腕、アウトオブ掛け布団、また目が覚めの不毛な循環。
結局朝、平日より早く5時から観念して、休みだというのに起き出して、ロビーで 岩手日報と河北新報。
岩手日報の書評欄に季刊東北学の書評が掲載されていて、読みたくなる。

宿から一番近い書店が地方出版物に結構強いので、開くのを待って出かけてみたJがあいにく置いてない。

盛岡の駅ビルのさわや書店はなかなかよかったから、キヨシさんに教えてもらった盛岡の喫茶店とセットで行って来ることにする。


JRで盛岡まで行き、ググった結果を頼りに古い職人町を、訪ねるも当該の喫茶店は日曜定休…。うー。

で、それではと、さらに徒歩30分。いい味わいの寺町を抜けて、とりぱんでお馴染みのT松の池へ。
早速パンをねだりにスワンボートがきたよ、さすがT松の池。笑っ

まぁもうすっかり初夏だし、冬鳥が餌をねだる季節じゃあない。パンを撒いている方もいたが、もっぱら鯉の皆さんが群がるぱかり、それでも道端に撒かれたパンを食べにきた雀の親子、子雀が親にねだって食べさせてもらうのを間近に見たりはした。かわえー。

池を一周して、帰りは盛岡駅までバス。さわや書店で念願の季刊東北学も、他に探していたちょっとマニアックな本も見つけて、結構満足して宿に帰ってきた。
駅から徒歩圏内に、城跡、寺町、丘陵をしたがえた公園と、盛岡っていい街だと思ったけど、盆地だし、暑さ寒さは厳しいだろうし、一見の物見遊山客が簡単に「いい街」だなんて、言っちゃあ本当はいけないよな。
どんな街にも、住んでる人にしかわからない、良さも悪さもあるって。

ちなみに盛岡から宮古までのJRは、まだ部分開通。ここいらは内陸部で、津波はかぶってないけど、体温が伝わってくるような感じ。

久しぶりに目を楽しませながら心地よく疲れるまで歩いて、いい休日だったよ。

comment

Secre

百眼読書録
Twitter on FC2
カレンダー(月別)
10≪│2017/11│≫12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
ユーザータグ

MUSIC  とりぱん 東北 PHOTO 木建工事 IRISH エマーソン北村 松竹谷清 三度のメシ PC KelticCowboys スワローズ TO 日ハム 新庄 BASEBALL COMIC Hometown 野鳥 東北のこと 秋田にて Baseball RSR Twitter WRITE アイリッシュ CATS 

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
最近の記事
PHOTO and TEXT by

■眼谷猪三郎■


メールはこちら

■眼谷猪三郎■ 「まなこだにいさぶろう」

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。