1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「パニックごっこ」

蝦夷地から災害派遣されている自衛隊の皆さんが交代もできず疲労がたまっているとの報道がしばらく前にあったが、われわれの同業者も仮設住宅建設やもちろん普通の新築工事でも、何社か東北にいると、風の便りで聞いている。
もちろん善意や使命感だけではない。こと建設業界については、道内に仕事がないからと言うのが、概ね正直なところだ。
それでも自衛隊の皆さん同様、長い出張、余震のストレス、残してきた家族にかける心配。どれも容易いものではあるまい。建築途中の建物は当然不安定な代物、そこに震度4とか5とかの揺れがくれば、やっぱり普通でない危険がついてきたり、余計に作業が困難になったり通常より手間も疲労も割り増しで、それでも家族も養わなきゃならんし、子供の学費や家のローンやらのためにも、東北だろうがどこだろうが仕事があれば行くっつーのが、もうこの数年の蝦夷地の建築業界事情ってもんである。

海外のニュースのデタラメぶりはずいぶん報じられているが、国内だって被災地の詳細な情報が正しく伝わっているかというとあやしいものだ。ショッキングな映像や誰もが簡単に泣けるニュース、そしていつまでたっても不確かな原発関係の報道とそれを追いかけて不安をあおるようなソーシャルメディアのご意見。

なんつーかな、台風ん時みたいな非常時気分をあおってくれるニュースばかりが視聴率とれて、そこでドキドキわくわくしてるのが垣間見得る感じ。それに放射能風味が加わってちょっと命懸け度数が上がってヒステリックになってるみたいな、あとから冷静に見たら「パニックごっこ」だったりするんじゃねーのか?くらい日々リアルに余震に揺すぶられながら、建物作ってる身としては思ってしまう。

まぁ東電の発表が日をおって深刻さ増してんのもわかってるけど、どうせ誰もはなから信じてなんかいなかったろーよ。

今更「騙された」とか言うなよ、それはあまりにも政治的に幼稚だから。 

comment

Secre

百眼読書録
Twitter on FC2
カレンダー(月別)
09≪│2017/10│≫11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ユーザータグ

MUSIC  とりぱん 東北 PHOTO 木建工事 IRISH エマーソン北村 松竹谷清 三度のメシ PC KelticCowboys スワローズ TO 日ハム 新庄 BASEBALL COMIC Hometown 野鳥 東北のこと 秋田にて Baseball RSR Twitter WRITE アイリッシュ CATS 

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
最近の記事
PHOTO and TEXT by

■眼谷猪三郎■


メールはこちら

■眼谷猪三郎■ 「まなこだにいさぶろう」

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。