1. 無料アクセス解析

概ねこの1週間のまとめ

週始めに施工店の都合で、現場も宿も移るというわけで、朝もいつもより少し早く出発。
高速道路の両側に広がる畑…どこまでも散乱するガレキ、もしくは水浸し。畑の真ん中にまだ打ち捨てられてた車や、船。

現場は、海岸からずっと離れた場所だったので、フツーに仕事できたが、まぁいろいろな事情があるのだろう、さらに高速で1時間、県をまたいで岩手の宿。

これまでは仙台の施工店の会社の2階に雑魚寝状態で食事も非常食まがいの自炊であったが、今度はビジネスホテル。
食事はバイキングだし、風呂も快適に入れる。

夕食時に食堂にあった岩手日報に泣きそうになる。
ひたむきさとか前を向くこととか、こんな時に本当は簡単では決してないこと。

山田風太郎さんの「戦中派不戦日記」の東京大空襲の翌日の情景とだぶる。

宿が岩手県花巻市、現場が仙台近郊ってわけで、毎朝5時起きで通勤、ええ加減疲れも溜まってきてた7日深夜のデカイ余震だった。宿はもちろんすぐ停電、部屋は水もでなくなり、おかげで当然すぐには寝られず、翌日は一部高速通行止めの中3時間かけて通勤。

疲れとストレスで心持ちが尋常でなかったかもしれないが、津波警報や停電が報じられる余震直後に、Twitter上でしたり顔でしつこく原発の危険や疎開を訴える方々にいい加減キレ気味に憤る。

確かに直接に地震の被害にあっていない方々の恐怖は放射性物質の被爆であろうし、ご自分よりも子供たちのことが心配なのもそりゃそうだろうが、深夜の停電で暗闇のなか、前回の記憶の恐怖に耐えながら、津波や二次被害に備える現地の被災者や、復旧作業にあたる様々な作業員の皆さんのことを一言も心配せずに、自分たちだけ「疎開」だの「安全な食い物」だの、よくも声高にWebに書き散らせるものだな。

もちろんご自分なりの正義感だったり、善意だつたりする方々もいらっしゃるのだろうが、悪いが「カネ(義援金)さえ集めてやればいいだろ。あとはこっちの安全が大事」とでも言われてるみたいな、まぁもちろんあまり尋常でないストレスゆえの妄想なのはこちらも承知してるから、本気でそんこと思いやしないが。

そんな中の斉藤和義の曲の件、Twitterで言ったことは概ね正直な感想だ、こちらももちろんご本人は素直な問題意識からなさったことだろうし、あるいはこんなに大騒ぎになるとも思ってらっしゃらなかったかもしれない。ただ影響力のあるミュージシャンがどんな形にせよ作品を発表すれば、その責任は必ずついてくるわけで、今回は正直、大騒ぎした大多数の方が申し訳ないが集団ヒステリー気味だった印象が否めないが、それでもこの時期に原発について歌うなら、音楽としても思想的にももっと深く掘り下げて欲しかったと思う。

昨日また、仙台市内の施工店の2階の雑魚寝宿舎に回帰。一緒に来ていた弘前の職人たちは週末の帰省でおれともう一人の相棒と今日は二人で休み、相棒はさっさとゲーセンに遊びに出かけた。

疲れとストレスで自分がどれだけ冷静な判断力を失っているのか、少し不安ではあるが、とりあえずこの1週間のおおざっぱなまとめを残しておきたかった。

読んで不愉快を感じた方ももちろんおられるだろう。すまん。

comment

Secre

百眼読書録
Twitter on FC2
カレンダー(月別)
05≪│2017/06│≫07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
ユーザータグ

MUSIC  とりぱん 東北 PHOTO 木建工事 IRISH エマーソン北村 松竹谷清 三度のメシ PC KelticCowboys スワローズ TO 日ハム 新庄 BASEBALL COMIC Hometown 野鳥 東北のこと 秋田にて Baseball RSR Twitter WRITE アイリッシュ CATS 

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
最近の記事
PHOTO and TEXT by

■眼谷猪三郎■


メールはこちら

■眼谷猪三郎■ 「まなこだにいさぶろう」

リンク
ブログ内検索
RSSフィード