1. 無料アクセス解析

中年は蕎麦屋をめざす


ビンボー夫婦の最近のささやかな贅沢は、小樽まで「蕎麦屋で1杯」をやりにいくこと。

駅のほど近くに、毎回うならされる老舗の蕎麦屋があるんよ。


前回さんざん飲み食いしたシメにいただいた「からみおろしせいろ」が、わけあって今月いっぱいで一時お休みとの話に、
「あの素晴らしい蕎麦をもう一度♪」と
日曜の夕方からいそいそ出かけてきました。


青柳貝の小柱やら雪見豆腐やら、さんざん意地汚くいただいて当然眼谷はシメに「からみおろしせいろ」嫁は好物の「合鴨せいろ」

蕎麦屋でせいろをたぐる楽しみには、最後のそば湯がはずせないっつ~方は少なくないと思うが、ここの蕎麦屋のにくい心配り、「合鴨せいろ」のそばつゆは「片口」の器に、別に蕎麦猪口がついてくる。

今回の嫁の「うならされ」ポイントは、ここ。

つまり、


1 蕎麦を食し終わる。

2 そばつゆは片口にまだたっぷり。

3 片口から蕎麦猪口に適量そばつゆを注ぐ。

4 そば湯をお好みの量注ぐ。

5 蕎麦猪口で適当な濃度のそば湯を美味しくいただける。

わかりますね、3の動作が、「片口の器」であることによって、大変ストレスなくおこなえるわけです。

この日は新人の女性従業員に、若女将とおぼしき方がつきっきりで指導していらしたのだが、それこそ食器をテーブルにおく際の向きひとつにも、いかに客に快くいただいてもらうかをきっちりと説明してらっしゃる姿がとても気持ちよく、ただの「旨い蕎麦」ではなく「心配りのいきとどいたもてなし」をもしっかりいただいた気持ちで、満ち足りて帰路につける、ありがたい店である。

あ~もちろん帰宅した二人は言うまでもなく

「帰ってきたヨッパライ」でしたよ。

comment

Secre

No title

昨年我らも小樽でうなった蕎麦屋があるのですが、場所を何と説明したらよいものやら。
当然蕎麦も酒も旨くて、蕎麦以外の酒の肴が充実していて、豊田勇三のライブの前だったんだけど危なく「ライブもういいや」って気分になるほど気持のいい蕎麦屋。

近在にかような蕎麦屋がないからいいものの、あったら大変なこった。

>コーさま

あやうく見のがすとこだったけど、「勇造」だよね。
蝦夷地までライブに来るのなら次回は見たいなぁ。
確かジェフ・ベックが来なかった円山音楽堂でご自身がライブをやるんでなかったかな。

ちなみにMANACO夫婦の行きつけは、小樽といえば誰でも思いつきそうな有名老舗蕎麦屋です。

まぁ確かに近所にあるとキケンかもしらん。

偶然ですな。
その蕎麦屋は先週のtoranokoさんの江戸の蕎麦屋について書かれた日記に私がコメいれた蕎麦屋ではなかろうかと?
その蕎麦屋が全く別々の蕎麦屋だとしたら小樽にはそんな素敵な蕎麦屋が少なくとも三軒はあるという事に…
それはそれで素晴らしい。

No title

小樽は、蕎麦王国なんですか?

幼い頃から蕎麦食いを自認するワタクシですが、このお蕎麦屋はめっちゃ好み。

・蕎麦の角がきちんと立ってる
・いつ行っても、蕎麦の水気がしっかり切れてる
・鰹の利いた蕎麦つゆが、絶妙に辛口

この3つの基本が揃わないお蕎麦屋の、何と多いことか。
だから、こちらではせいろをいただきたくなるんですよ。
数限りない鴨せいろを体験しましたが、いやいや「片口の器」の心意気にはしびれました!

かつて、バブル全盛期の東京には、せいろ一杯2000円超、なんて「こだわり」の店もありましたが、蕎麦は蕎麦、偉大なファスト・フードなんですもん、のれんをくぐろうと思いませんでした。

まだ明るいうちから、お酒をホントは冷やでちょっぴり。
酒肴も、気に入ったものを少しだけ。
そして、天せいろの「天」だけ先に持ってきていただき、せいろをシメに。

眼谷夫婦はまだまだ青いので、燗酒に酒肴もどっさりといただいてしまう野暮天です。
もちろん、次回も野暮に徹して臨む所存です!うまいんだもん。



>クスケンさま
まさにその店です。
店のHPを見ても「いい仕事をしたい」並ならぬ手間と気持ちが感じられ、ますます惚れます。

ちなみにそのtoranokoさんが東京でご覧になったコスモポリタン・カウボーイズがMANACO夫婦にこれまたご縁浅からぬバンドでして、まぁヒマな時にでもこのブログをさかのぼってみてちょ。

世間は狭いなぁ。笑っ

>奥様
確かに小樽には魅力的なたたずまいの蕎麦屋が多いから、地道に開拓していくべさ。

夫的には昼どきに蕎麦味噌と塩辛くらいで1杯やって、せいろを2枚一気にたぐるなんてのにもちょいと惹かれるが。
百眼読書録
Twitter on FC2
カレンダー(月別)
07≪│2017/08│≫09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ユーザータグ

MUSIC  とりぱん 東北 PHOTO 木建工事 IRISH エマーソン北村 松竹谷清 三度のメシ PC KelticCowboys スワローズ TO 日ハム 新庄 BASEBALL COMIC Hometown 野鳥 東北のこと 秋田にて Baseball RSR Twitter WRITE アイリッシュ CATS 

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
最近の記事
PHOTO and TEXT by

■眼谷猪三郎■


メールはこちら

■眼谷猪三郎■ 「まなこだにいさぶろう」

リンク
ブログ内検索
RSSフィード