1. 無料アクセス解析

涛沸湖

以前青森県某所の、部屋の名前が全て海産物「いかの間」「うにの間」「あわびの間」etc.って旅館の話を書いたのがもう2年も前になるのか。
はえーな、月日の経つのは。

今回の宿は山と湖シリーズ。部屋の扉に「斜里岳」「佐呂間湖」などなどと銘うってある。

おれの部屋は「涛沸湖」。内地の方々には読めないかもしらんが、「とうふつこ」わりとストレートでしょ。

ちなみに一昨日までこの部屋に泊まってて、おれと入れ替わりに札幌に帰って、多分今夜のフェリーで秋田に向かった同年代の同僚に「何て読むの?」とカマかけたら素直に「知らない」と言われましたから、道民の方も読めなくてもそんなにしょげなくても大丈夫。

まぁその同僚、10日近くも泊まっていた宿におれを案内しようとして、見事に道を間違えた強者ではありますが。

comment

Secre

No title

死骨湖の間にはお化けが出るとか (^^
百眼読書録
Twitter on FC2
カレンダー(月別)
05≪│2017/06│≫07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
ユーザータグ

MUSIC  とりぱん 東北 PHOTO 木建工事 IRISH エマーソン北村 松竹谷清 三度のメシ PC KelticCowboys スワローズ TO 日ハム 新庄 BASEBALL COMIC Hometown 野鳥 東北のこと 秋田にて Baseball RSR Twitter WRITE アイリッシュ CATS 

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
最近の記事
PHOTO and TEXT by

■眼谷猪三郎■


メールはこちら

■眼谷猪三郎■ 「まなこだにいさぶろう」

リンク
ブログ内検索
RSSフィード