1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナンコツ揚げ食いたい

先日触れた、新宿BERGの立ち退き問題、熱心なファンが応援ブログを立ち上げられた。
オフィシャルサイトでも、詳しい経緯を掲載している。

ここでルミネの経営陣を思うさま罵倒することもできるが、あえてしない。




バブルの間も貧乏で、バブルの後はもっと貧乏になった東京在住時代、森山大道の「犬の記憶」だけをバイブルのようにして、モノクロフィルムを詰めたカメラに今思えばしがみつくようにして暮らしていた。

仕事があればぼろぼろに疲れた帰り道、巨大な駅の膨大な人の塊に微塵に散りそうな気分を立ち上げなおしてくれた、丁寧な仕事のビールとソーセージ。

あるいは徹夜明けの帰り道。出勤途中のスーツ姿のの皆さんが朝食のメニュー目当てに並ぶ中、たった一人ビールの注文に、にこやかに新しい樽をセットしてくださったスタッフの顔。

仕事がなければ、もっとヘロヘロになるまで新宿を徘徊していた。
夏の盛りに、わざわざ御苑の温室を何時間もかけて歩いては、ビカクシダやリュウゼツランをフィルムに切り取っては、汗と埃をまとって舞い戻る。
それでもここで立ち飲みでコーヒーを含めば、本当に背筋が伸びた。

今も新宿に行くたびに、当時からのスタッフがかわらずカウンターで応対してくれているのを見るだけで、40過ぎのおっさんがちょっとうるうるしてしまう。

年に数回、訪れるたびにうれしい驚きと羨望は、あいかわらず増え続ける、美味そうなメニュー、もう、全部試すのも無理だし。笑っ


「良心的」なんて言葉でも足りない。
BERGはとにかく、かつても今もひたむきなのだ。

ルミネのトップごときの経営方針くらいでは、17年間あれだけ多くの客から支持され鍛えられてきた店が簡単に立ち退くとは、おれも思っていない。
だが、あの店を支え、愛している無数の顔の中に、こんなのも交じっておるぞと、小さいが図々しい声は上げておきたいぞ。

comment

Secre

マナコタンがBERGのファンだったとは…
以前の日記も仕事にかまけて読み逃してました。
そーなんです。あそこ今、大変なの。
アル中カメダにとってあそこと向かいの立ち食い蕎麦屋は、美味しく安く瞬時にアルコール補給できる、サハラのオアシスなんです。あの店がなければボクは新宿の上温湯隆なんです。
可愛がってた部下が会社を辞めることになって、BERGにつれてって「今夜はお店の迷惑にならない範囲で飲み放題だ」ってテーブルに見栄で2万円置いたら、1時間後ふたりともべろべろになって、8500円で済んだんだよう。
いいお店なんだよう。

行ったこと無いですが、蔀アニキの
文章でどんな店か(大事な店か)は
充分伝わりました。
店長さんに「がんばって」とメールを
出しました。
今度新宿へ行く時は、寄らせていただき
ます。

>カメダカメオ兄貴
もちろん兄貴好みの店のひとつでありましょうとも。
いつかぜひ一緒にBERGで呑みましょうっ。

それにしてもあそこで一人一万円豪遊するのは、ある意味相当の苦行と思われ。笑っ


>yuu@さま
ありがとう。
きっと気に入るからぜひ行ってみて。
かかっている音楽もいつもセンスいいんだこれが。
百眼読書録
Twitter on FC2
カレンダー(月別)
08≪│2017/09│≫10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
ユーザータグ

MUSIC  とりぱん 東北 PHOTO 木建工事 IRISH エマーソン北村 松竹谷清 三度のメシ PC KelticCowboys スワローズ TO 日ハム 新庄 BASEBALL COMIC Hometown 野鳥 東北のこと 秋田にて Baseball RSR Twitter WRITE アイリッシュ CATS 

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
最近の記事
PHOTO and TEXT by

■眼谷猪三郎■


メールはこちら

■眼谷猪三郎■ 「まなこだにいさぶろう」

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。