1. 無料アクセス解析

50ミリ





たまに、道具の話を。

かつては一眼レフカメラを最初に買うときにセットだった50ミリという焦点距離。

「標準レンズ」という言葉自体がじわじわと死語になってゆく現状ではある。

最近のデジカメならズームレンズが当たり前、レンズの暗さは「手ぶれ防止機能」がカバーしてくれるらしい。
あいにく明るいレンズでなければマトモにつきあえない被写体とばかり相対しているもので、自分のツールとしては考慮したことがない。

「標準レンズ」という定義もそもそもけっこう曖昧だし。

「小津安二郎監督が50ミリの標準レンズを使っていた。」なんつー話、映画の35ミリフィルムなら、50ミリという焦点距離は、「スチール(写真)」の70ミリくらい、中望遠?
フィルムの一眼レフとデジタルの一眼レフの関係に、少し近いと思う。今、自分のデジタル一眼につけっぱなしのレンズが、奇しくも小津安二郎レンズなワケだがそもそも「縦位置」という選択が存在する「(スチール)写真」と映画の構図は、たぶん同じ地平で語るもんじゃない。


「表現」として、無駄な装飾を削ぎ落としていくことと、それでも世間の誰かのものではない、「自分の」言葉を発語すること。
こんな当たり前のことが止揚される場所に辿りつくために、道具なんて、あるのだ。

comment

Secre

百眼読書録
Twitter on FC2
カレンダー(月別)
05≪│2017/06│≫07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
ユーザータグ

MUSIC  とりぱん 東北 PHOTO 木建工事 IRISH エマーソン北村 松竹谷清 三度のメシ PC KelticCowboys スワローズ TO 日ハム 新庄 BASEBALL COMIC Hometown 野鳥 東北のこと 秋田にて Baseball RSR Twitter WRITE アイリッシュ CATS 

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
最近の記事
PHOTO and TEXT by

■眼谷猪三郎■


メールはこちら

■眼谷猪三郎■ 「まなこだにいさぶろう」

リンク
ブログ内検索
RSSフィード