1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の手術

猫のできものが気になって、獣医に連行したところ「悪性の腫瘍かも」と診断された。
確か16年目、とっくに婆である。何があっても不思議ではない。覚悟していたつもりではあった。

当の本人も、人生折り返したあたり。
老いや、死とも、親しい交わりは増えてゆく一方なのも織り込み済みである。しばらく前に妹一家の猫を埋葬し、先日は叔母の葬儀。
家にはもう一匹、すでにオムツ姿で徘徊する老犬もいる。
高齢化社会の縮図そのものってか。

身体は再び、かつての勢いをとりもどすことはないが、貧弱ながらも経験だけは、積み上げてきた。思いも悪知恵も、まだまだ豊になってゆく、はずである。
手痛い別れとも、何度も対面してきたぶんは、それなりにふてぶてしさも育んできたし、胸の裡のものたちを、成長させ続ける意志だけは、前を向かせていくつもりでいる。

「鈍感力」なんて言葉は、あの作家のくっだらない小説をありがたがるほどに自分を鈍らせたい方々がたくわえればよろしい。
老いや死とも、豊潤な生の場所から正対してつきあってやりたい。


猫は明日手術。
前足のできものひとつ切除するのに、全身麻酔だそうだ。獣医にいいように儲けられているような気もしながら、唯々諾々と従うほかにすべもなく。

大嫌いな医者に連れてかれた腹いせか、最近暖かさを覚えたパソの上に乗ろうとする猫を、苦笑しつつ追う。

明日、獣医に連れて行くときにもまた、びびり小便されるかもしらん。

comment

Secre

百眼読書録
Twitter on FC2
カレンダー(月別)
09≪│2017/10│≫11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ユーザータグ

MUSIC  とりぱん 東北 PHOTO 木建工事 IRISH エマーソン北村 松竹谷清 三度のメシ PC KelticCowboys スワローズ TO 日ハム 新庄 BASEBALL COMIC Hometown 野鳥 東北のこと 秋田にて Baseball RSR Twitter WRITE アイリッシュ CATS 

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
最近の記事
PHOTO and TEXT by

■眼谷猪三郎■


メールはこちら

■眼谷猪三郎■ 「まなこだにいさぶろう」

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。