1. 無料アクセス解析

「敵愾心」

隆慶一郎さんの唯一のエッセイ集「時代小説の愉しみ」のあとがきに、明らかに網野善彦さんのことを語っておられると思われる一節がある。

「~きまった土地も家も持たず、全国を放浪して一生を終えた人々。更には海人・山人・輸送業者。こうした一種の自由人たちの眼で歴史を眺めたら、一体どんな様相が展開するか。~中略~ 歴史家に負けてたまるかと、秘かに敵愾心を燃やしているのである。」

■ 時代小説の愉しみ 隆慶一郎
  講談社文庫

網野さんはこの文章を読まれたのだろうか?

隆さん同様の頑固者の網野さんのことだから、お読みになっていたら「こっちこそ負けない」と、同じライバル心を燃やされたかもしれない。

実際には、隆さんはこのあとがきを書かれたのも入院先。
この本が出版された3ヶ月後には、亡くなっている。


今頃あちらで、お二人で酒など酌み交わしているのであろうな。

comment

Secre

百眼読書録
Twitter on FC2
カレンダー(月別)
07≪│2017/08│≫09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ユーザータグ

MUSIC  とりぱん 東北 PHOTO 木建工事 IRISH エマーソン北村 松竹谷清 三度のメシ PC KelticCowboys スワローズ TO 日ハム 新庄 BASEBALL COMIC Hometown 野鳥 東北のこと 秋田にて Baseball RSR Twitter WRITE アイリッシュ CATS 

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
最近の記事
PHOTO and TEXT by

■眼谷猪三郎■


メールはこちら

■眼谷猪三郎■ 「まなこだにいさぶろう」

リンク
ブログ内検索
RSSフィード