1. 無料アクセス解析

この一言だけで金を払う価値がある。


今日帰宅したら届いていた。

■ 東北文化友の会会報『まんだら』第26号

東北学講座4
狩猟文化と縄文の精神世界


人間が生活する「里」と、時に荒々しい「手つかずの自然」との「緩衝地帯」としての里山の問題などにも、決してきれい事だけでは語らない、この誠実さがたまらなく好感をおぼえる。

先日見逃したBSの放送を収録したものだが、新聞のテレビ欄の『野生動物との共生を』なんていう口当たりのいい言葉などでは、全然足りない、現実の深刻さや、なにせ縄文以来1万年を超えて積み重ねてきたモノの豊かさ。

田口洋美氏の紹介された老マタギの言葉の重さ。

「俺の命は親からもらった。でも、体は山が作ってくれた。息子や女房は動物たちに生かしてもらった。だから俺が死んだら俺が喰われる番だ。」

少し前の六車由美氏の記事などとも微妙にシンクロしつつ、とてもかなわない。

comment

Secre

百眼読書録
Twitter on FC2
カレンダー(月別)
07≪│2017/08│≫09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ユーザータグ

MUSIC  とりぱん 東北 PHOTO 木建工事 IRISH エマーソン北村 松竹谷清 三度のメシ PC KelticCowboys スワローズ TO 日ハム 新庄 BASEBALL COMIC Hometown 野鳥 東北のこと 秋田にて Baseball RSR Twitter WRITE アイリッシュ CATS 

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
最近の記事
PHOTO and TEXT by

■眼谷猪三郎■


メールはこちら

■眼谷猪三郎■ 「まなこだにいさぶろう」

リンク
ブログ内検索
RSSフィード