1. 無料アクセス解析

アヤシいチカラ

■ ねこのばば 畠中恵
新潮文庫

「しゃばけ」シリーズ。薬種問屋長崎屋の若旦那と、人ならぬ「あやかしたち」の、ちょっとコミカルでちょっと優しくてちょっと切ない探偵小説?

長生きした猫は皆さんご存じ「猫又」というあやかしになるという。

犬は?

と、我が家の耄碌した駄犬のことなどふと思ってみたが、若旦那の兄やの片方が、「犬神」という強力なあやかし。

なんにせよ儂らの祖先の皆さんは、長い年月を経たものには特別な力が宿ると考えていたらしく、それはケモノに限らず、植物にも、家具雑貨の類いにいたるまで、そこいら中に神様やらあやかしやらがおわします世界に生きてたんだから、それはさぞにぎやかだったろう。

我が家の駄犬や駄猫が妖怪になりかけているかはともかく、あやつらよりもう少しだけ、おれと長くつきあってくれている古い、数少ない友人たち。
中身は別にして、互いに見た目は若い頃から比べれば確かに妖怪化して…いや、そんなこともどうでもよろしい。

暮れの疲弊と消耗のさなかに、そんな妖か…友人の一人が、久しぶりに正月に札幌に帰るとのメール。

都合があえば「茶(ギネス)でもするべ」(ママ)

と、思わずほくそ笑みたくなる文面。

こんな言葉で、くたびれた冴えないおっさんの背筋がのびたりするのだから、これはもうぢゅーぶんに人ならぬ、アヤしいチカラ、軽く超常現象である。

で、これからその友人宅にヨバレるところだ。

積もる話し?なんかより、多分いきなり馬鹿話炸裂疾走全壊にちがいない。

いや、嬉しくてたまらんのだよ。ふふふっ。

…やはり何か「憑いて」る?

comment

Secre

百眼読書録
Twitter on FC2
カレンダー(月別)
07≪│2017/08│≫09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ユーザータグ

MUSIC  とりぱん 東北 PHOTO 木建工事 IRISH エマーソン北村 松竹谷清 三度のメシ PC KelticCowboys スワローズ TO 日ハム 新庄 BASEBALL COMIC Hometown 野鳥 東北のこと 秋田にて Baseball RSR Twitter WRITE アイリッシュ CATS 

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
最近の記事
PHOTO and TEXT by

■眼谷猪三郎■


メールはこちら

■眼谷猪三郎■ 「まなこだにいさぶろう」

リンク
ブログ内検索
RSSフィード