1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続き

昨日帰宅したら届いていた
■ 季刊 東北学 第9号
今号の特集は、「家畜とペット」

例のホラー作家のことについても一般的な文脈とはひと味違った論考などもあり、やはり目が離せないとあらためて思う。

で、その昔練馬の畑で拾って野菜の名前をつけて以来10数年同居している猫の、耳の後ろにデキモノが成長してしまい、なにせしょっちゅうひっかく場所だしスプラッタな状況になってしまい、獣医へ。

臆病者ゆえかなりアバレるかと、自分がスプラッタな状況で帰宅する覚悟で出かけたのだが、待合室で、もっとおびえて吠え続ける犬に圧倒されたか、診察台の上では文字通り借りてきた猫。


電気メスとやらできれいに焼き切っていただき、多分(転移するような)悪性のものではないと思うと言われて少し安心、無事帰宅。


何ごともなかったかのようにけろっとして寝ておる。




comment

Secre

確かに…ネコ様を獣医に連れてく度に腕に傷跡が増えます。
命に別状がなくてなりよりどす。
実は紋さんも最近様子がおかしく…(食欲不振で鳴き声が変)覚悟を決めて連れてこうと思っております。

紋さまネタではぎょうさん楽しませていただきましたゆえ、心配どす。

我が家の駄猫もとうにおれより年上。生きてあるものとマジメにつきあうことは、エネルギー要りますよな。

よかった・・・。
猫の通院は、猫自身も飼い主も難儀しますね。

「季刊 東北学」見かけると買うのですが、定期購読って手もありますね。
旅先の秋田市の図書館で全刊揃いを見たときには、
ついつい何時間も読み耽ってしまいました。

>ARRIBAさま
網野善彦さんの追悼特集を、もっとも真っ当な形でやったのがこの雑誌でありますまいか。

猫はデキモノの周りの毛を少し剃られて10円ハゲ状態。
帰る頃には復旧しているかしらん。
百眼読書録
Twitter on FC2
カレンダー(月別)
10≪│2017/11│≫12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
ユーザータグ

MUSIC  とりぱん 東北 PHOTO 木建工事 IRISH エマーソン北村 松竹谷清 三度のメシ PC KelticCowboys スワローズ TO 日ハム 新庄 BASEBALL COMIC Hometown 野鳥 東北のこと 秋田にて Baseball RSR Twitter WRITE アイリッシュ CATS 

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
最近の記事
PHOTO and TEXT by

■眼谷猪三郎■


メールはこちら

■眼谷猪三郎■ 「まなこだにいさぶろう」

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。