1. 無料アクセス解析

不潔新聞関西版からのバトン



Q1 回してくれた方の印象をどうぞ

「他人とは思えない」

これは自分と同じようなにおいを漂わせている方を見つけたときのおれの標準的な反応である。



Q2 周りから見た自分はどんな子だと思われてますか?

間違いなく「子」だとは思われていないでしょうな。

仕事関係からは「扱いにくいやつ」


通りすがりの方々からは、多分「その筋の人」か「坊さん」でしょうか?

Q3 自分自身を客観的にみた印象は?

「確信犯」ですかな?

世間の多数派では、決してないことを承知した上で、そんなあり方が自分にとって自然なのだから、折り合いをつけながらもつらぬくものはつらぬきます。

すまんな、いろいろ迷惑かけて。


Q4 自分の好きなタイプについて5つ述べてください

 1 「ひとり」であることを肯定的に生きられる人
 2 小さなもの、弱いものを思いやれる人
 3 もちろん「色っぽい人」
 4 頭のいい人
 5 バカなことを、本気でやれる人

1、こういう人が実は寂しがりであったりもするのだが、「一人では何もできない」方々は論外だし、「一人だと寂しくて死んでしまう」とか平気で人前で言う人もダメですな。

2、多くの方がおそらくご想像の通り、おれ自身がいろんな意味で多数派のカテゴリーには入らないタイプの人間ではある。
では少数派のカテゴリーで、例えば社会的弱者のグループの認知や地位向上のために行動したりするかというと、これまた逡巡するのだなあ。

早瀬まひる氏が何かの本で言っていた。「小さなグループは、もっと小さなグループを抑圧しようとしたり差別しようとしたりする」
このへん、1、とも微妙に関連。

結局、ひとりである自分を大切にする方は、同様に組織やカテゴリーに関係ない個人を尊重することを理解しているのだと思う。

3、これは男も女も、おれにとっては「フォトジェニック」と同じ意味だったりしますが。

4、もちろん学校の成績のいい人や、世間的な成功をしている人ではありません。ものごとの本当の意味をちゃんと見抜ける人、とでも言っておきますか。

5、まぁ、本気でやり続けた挙げ句がこのていたらくだ。



Q5 では反対に嫌いなタイプは?

 1 小さなもの、弱いものを思いやれない人
 2 自分が頭がいいと思いこんでいる人
 3 周りから自分がどう見えているか、無自覚な人。
 4 甘ったれた性根の人
 5 みんなが反対しにくいことを、大声で言う人

1、もちろん現在このタイプの筆頭はアメリカのスポンジアタマ大統領。No.2がコイズミだな。

2は、不潔記者氏が「無知の知を知らない人」と書かれたタイプだ。ついからかってしまって嫌われる。

3、人間の内面なんて、間違いなく見た目にあらわれます。体型や顔の造作なんかよりも、普段の表情や、着るものの趣味、仕草や言葉遣い、とりあえず30過ぎのオトナはそういった自分の見た目に責任もてて当然だと思ってます。
いい年して「見た目より内面重視で」とか言われると、コドモか?と思ってしまう。

4、親密な間柄の相手に甘えるのは否定しませんがね。どうせ軟弱な人間の一生、甘える相手なしにはやりきれないことがあるのは当然。
だけど誰にでも甘えて平気な人に、他の誰にでもするように甘えられるのはあんまり気分よくないっす。

5、「お父さんお母さんを大切にしよう」とか平気で言う人。ファシストだと思うとります。D.V.で苦しんでいる子供に、言えますか?、


Q6 自分がこうなりたいと思う理想像とかありますか

ずっと昔「『カミソリ』ではなく『鉈』になりたい」と言った友人がいました。
ちょっと、あこがれる。

Q7 自分の事を慕ってくれてる人に叫んでください!

 ありがと~~っ、愛してるぜぃっ!


Q8 大好きな人にバトンタッチ5名!(印象つき)

大好きな人、でいいのだな。

1、山田風太郎氏 おれにとって昭和の最高の文学者なのだが、あいにく故人。


2、キース・リチャーズ すまん。日本語書けないらしい。ヤシの木から落ちた傷は本当にもういいのだろうか?

3、隆慶一郎さん こちらも残念ながら故人である。

4、神内笛子監督 愛読中の日本橋ヨヲコ作「少女ファイト」の、主人公大石練(おおいしねり)が入学した、私立黒曜谷高校女子バレー部の監督。
美しく厳しく、実は「愛」を秘めた…と、思われる、あいにく、架空の人。

  
5、そこのあなた。どうだろう、このバトン、持って行かないか?

comment

Secre

確かに眼谷氏は、ぼくと似ている部分があって他人とは思えません。もう少し歳を食って助平になると、完全に一致するものと思われます。
「ひとり」であることを肯定的に生きられる人と言うのは、思わず納得です。友情という言葉は胡散臭い言葉ではありますが、友情を「友だちなんていなくても生きていける」と思ってる人の間だけで生まれるもんだと考えてみると、そう悪い言葉ではないなと最近思えてきました。

>元記者さま

今でもとてもネットでご披露できないほどスケベです。

例えば「友情」みたいなクチあたりのいい言葉を、正しく疑ってご自分なりの答えを出す真摯な姿勢、さすがです。

『好きなタイプ』は、素敵なヒトだと思います。符合するヒトになりたいです。ガンバルンバhttp://blog9.fc2.com/image/icon/e/714.gif" alt="" width="14" height="15" class="emoji">

そのバトン間接的ではありますが、かつて回ってきました。
で、私も大好きな人に回しました。

「好きな人」の3!!はい、はい、はい~~っ!(挙手!)
即、「嫌いな人」の3に飛ばされそうです・・。
百眼読書録
Twitter on FC2
カレンダー(月別)
07≪│2017/08│≫09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ユーザータグ

MUSIC  とりぱん 東北 PHOTO 木建工事 IRISH エマーソン北村 松竹谷清 三度のメシ PC KelticCowboys スワローズ TO 日ハム 新庄 BASEBALL COMIC Hometown 野鳥 東北のこと 秋田にて Baseball RSR Twitter WRITE アイリッシュ CATS 

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
最近の記事
PHOTO and TEXT by

■眼谷猪三郎■


メールはこちら

■眼谷猪三郎■ 「まなこだにいさぶろう」

リンク
ブログ内検索
RSSフィード