1. 無料アクセス解析

最初は「二畳間」かと思った。

20060728000627



仕事柄蝦夷地をはじめとしてこの国の各地の、「建築現場の職人向け」の安くて…安い以外になんの取り柄のない宿に、多分軽く1000泊以上はしてきている。

「安い以外に取り柄のない}とはつまり、「安いんだから何が起きても文句いうな」という激安旅館やら激安民宿やらで

「夜の男子トイレで宿の婆ぁが朝顔めがけ立ちション」

とか、

「晩飯が何時間前にゆでたかもわからないざるそばで、箸ひとつまみで全て固まりでピックアップ」


とかが本当に起きる世界で、こうしていろんなことに動じない度胸が鍛えられてゆくわけである。


今回の宿は、「個室ですから」と案内された部屋が

「二畳と三畳の中間くらいの部屋に、ベッド」歩くスペースなしっ。

「ドアは(二年前の)地震以来閉まりませんから」貴重品おけず。

こんなことでは、もう全然動じない。


さて、いくら涼しい蝦夷地の夏でも、この季節、これだけ狭いと夜は窓くらい開けたい。

網戸くらいは入っている?



網戸のサッシは入っている。


網も張ってある。


サッシの片方の端から10センチくらいだけ縦に、褌状態で。


さすがのおれも用途不明のあの、日本記録級の網戸は、いったい何の役に立つのか?



comment

Secre

百眼読書録
Twitter on FC2
カレンダー(月別)
07≪│2017/08│≫09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ユーザータグ

MUSIC  とりぱん 東北 PHOTO 木建工事 IRISH エマーソン北村 松竹谷清 三度のメシ PC KelticCowboys スワローズ TO 日ハム 新庄 BASEBALL COMIC Hometown 野鳥 東北のこと 秋田にて Baseball RSR Twitter WRITE アイリッシュ CATS 

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
最近の記事
PHOTO and TEXT by

■眼谷猪三郎■


メールはこちら

■眼谷猪三郎■ 「まなこだにいさぶろう」

リンク
ブログ内検索
RSSフィード