1. 無料アクセス解析

小鎚神社

かつては山中の製鉄跡近くに祀られていたという神社です。



震災前の町のはずれの、小高い場所にあったために、津波がこの鳥居のすぐ手前で止まって残ったという、祭り好きなこの町の人々にとっては心の拠り所でもあるのかもしれません。

それにしても驚いたのは、この山神さま。


真っ赤な炎を背負い、赤児を抱いた女性、傍らに太刀を履いた童子を連れています。いったいどんな由来なのか?

弁天島

今月はちょっと中断を挟んだけどこの町で、2ヶ月。
休日は他の町に出かけたりせず町内のあちこちを見て歩くことにしています。

昨日もこれまで足を向けていなかった宿の近くの漁港方面から、山林の間を抜ける道へ。

縄文時代の遺跡が出たといいうあたりまで来た時に、林の向こう、斜面の下の海岸に突然見えたのがこれです。

IMG_5591.jpg

町の観光ガイドなどにも一切載っていなかったけど、神々しいまでの存在感。
もちろん津波をかぶったはずですが、鳥居も狛犬も小さなお社もきれいに残っています。
立派な木だけは多分海水のためでしょう、枯れているように見えますが、それでも震災からこれだけ時間が経ても、しっかり立っています。

今日あらためて調べてみましたが、どうやら個人で建てたものらしいです。
建てた方は震災で亡くなられて、役場などでももう仔細がわからないらしいのです。

きれいな姿で残っているところを見ると、それでも手入れをしてらっしゃる方がいるのかもしれません。
砂浜には足跡がありました。
百眼読書録
Twitter on FC2
カレンダー(月別)
11≪│2015/12│≫01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ユーザータグ

MUSIC  とりぱん 東北 PHOTO 木建工事 IRISH エマーソン北村 松竹谷清 三度のメシ PC KelticCowboys スワローズ TO 日ハム 新庄 BASEBALL COMIC Hometown 野鳥 東北のこと 秋田にて Baseball RSR Twitter WRITE アイリッシュ CATS 

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
最近の記事
PHOTO and TEXT by

■眼谷猪三郎■


メールはこちら

■眼谷猪三郎■ 「まなこだにいさぶろう」

リンク
ブログ内検索
RSSフィード