1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名勝負っ。

私的な日本プロ野球のベスト名勝負は、ずっと「小林とオマリーの14球」でした。




今日も疲労困憊で宿にたどり着いて、もう、仕事のことを考えないで何処か遠い世界に旅に出ようかくらいの気持ち。テレビで松井と黒田の対談をやってたので、野球脳を活性化して仕事はバイよ。

と、お気軽に見てたら、とんでもなくよく似たシチュエーションの名勝負を、これは不明にして知りませんでした。

松井がこの最後の1球についてずっと気にしていて、狙って投げたのか、フォークがスッポ抜けたのか黒田に問うと、黒田がテライもなく「すっぽ抜け」だと答える、なんだかわからないけどとんでもない清々しさ。

いいモノ見たっす。




スポンサーサイト

HAPPY ST, PATORICK'S DAY

アイルランドの聖人様の記念日です。
クリスチャンではもちろんないけど、この方がいらっしゃらなかったら、数多くのアイリッシュの名曲たちがあるいは生まれてこなかったかもしれないと思えば、それだけでも感謝を捧げ祝う価値があるというものです。



こんなのや、



こんなの、




そしてこんなふうに世界中で、きっと今夜アイリッシュの呑んだくれソングが鳴り響いて、



もちろん世界中の愛すべきろくでなしたちが、
やっぱり呑んだくれているに違いないのです。

激務のピークで疲労困憊していますが、だからこそ私も、気持ちだけブッシュミルズだと思って、国産のニッカを

「いっただきまーす!」


Kさんのこと。

Kさんは会社の大先輩。震災のときに仙台にいた。1週間くらい電気もガスも通じない暮らしを、現場の発電機でしのいでようやく札幌に帰ってきたが、すぐに東北に駆り出されて、盛岡の近くの現場で、おれともふた月くらい一緒の宿で過ごしたろうか。毎日宿に届く地元紙を丹念に読んでらした。

実は実家は宮城県の沿岸近く。宮古に住む弟さんご一家はご無事だったが家を流されたそうだ。
「ご連絡されたんですか?」と尋ねたら「なんて言葉かけていいかわかんないから、電話もできない。」と言っておられた。

思い出したがこの人は若い頃は自衛官だった。そのまま建築の仕事なんかにつかなければ、震災の時にはレスキューに赴いてもっと生々しい光景を目の当たりにして、そんな中で働いたかもしれないのであった。

年に何現場かしか一緒にならないのだけど、たまたま応援に今の現場に来られた。今年は彼と3.11を迎えるわけだ。
こんな人の心の中なんて簡単に「わかる」気になんてなれないけど、おもんばかることはやめない。やめてはいけない気がするから。

外野立ち見席

相変わらず群馬県某所、現場は小学校の改築工事で、この小学校のグランドがナイター照明あり、ベンチ裏にブルペン、バックネット裏にBSOの電光掲示板と、野球には熱の入ったシロモノで、土日ともなれば少年野球のチームが練習に集う。



大雪で2週間ぶりにグランドもまともに練習できるようになった今日は、1日中練習試合をやっていて、子供たちの元気な声が、こちらまで聞こえていた。ちょうど仕事してるあたりは、大きな球場ならライト側の外野席あたり。
子供たちが野球をしているだけで、どうしてこんなに気持ちが華やぐのだろうね?
百眼読書録
Twitter on FC2
カレンダー(月別)
02≪│2014/03│≫05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
ユーザータグ

MUSIC  とりぱん 東北 PHOTO 木建工事 IRISH エマーソン北村 松竹谷清 三度のメシ PC KelticCowboys スワローズ TO 日ハム 新庄 BASEBALL COMIC Hometown 野鳥 東北のこと 秋田にて Baseball RSR Twitter WRITE アイリッシュ CATS 

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
最近の記事
PHOTO and TEXT by

■眼谷猪三郎■


メールはこちら

■眼谷猪三郎■ 「まなこだにいさぶろう」

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。