1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「血の轍」相場英雄

血の轍
と、いえば百眼周辺なら、いやそうでなくても普通BOB DYLANのアルバムタイトルなのだが、実はこのタイトルの小説が発売されるのをしばらく前から楽しみにしていた。


相場英雄「血の轍」幻冬社

まぁ種明かしすればご本人がTwitterアカウントで、DYLANファンであることは白状なさっていて、それでも、いやならばなおさらアルバムタイトルそのままの小説を出すのは度胸や覚悟がなくてはできない行為であったろうと思うのだが、ひそかに「アイバならやってくれる。」と、期待していた。

相場英雄のことをそもそも知ったのは、一昨年震災の後東北の現場をあちこちやっていた頃、たまたま盛岡でさわやフェザン店という書店の姿勢に惚れ込み、そのTwitterアカウントをフォローしていて紹介されていた「みちのく麺食い記者」シリーズを読んだのがきっかけ。

盛岡のさわや書店さんが、世間の売れ筋よりも書店員ご自身が読んで面白かった本を熱心にPOPを書いて勧めるようになったいきさつもまた、本好きならたまらなく面白いのだが、まぁこの話はそのうちにまた。

とにかくみちのく麺食い記者シリーズを片っ端から読み、昨年はたまたま再び訪れる機会のあったさわやフェザン店で、同じく相場英雄の「ナンバー」のサイン本を手に入れられて悦にいった百眼である。

今回も出たばかりの「血の轍」、また出張先の本屋で1冊だけ残っていたのをいそいそと手に、やっぱり2日で読了してしまった。
麺食い記者シリーズは主人公の設定もあり、コミカルな部分もあるのだが、「ナンバー」から前作「鋼の綻び」そして「血の轍」とこの作品群は、もう百眼的にはハメットやチャンドラーと比べて語りたいくらいの、ハードボイルドっぷり、と言いたい。


ご本人は前出のTwitterアカウントで、例えば純文学作家と比べて自分はエンタメ作家みたいなことをつぶやいたりしておられるが、言葉への真摯な態度、そして東北への、おそらくは簡単には言葉にしきれない思いを、それでも自分のフィールドで言葉の作品として世に出そうとされる姿勢、同時に買った辺見庸「瓦礫の中から言葉を」とも肩を並べるプロの物書き魂を感じてしまうのである。

そんなわけで、ご本人がTwitterアカウントであかしてくれた次に出版されるらしい麺食い記者⑦、
震災後の取材を元に「命削りながら」書いているとおっしゃっておられる(あー、敬語、もう少し滑らかに語りたい!)、とにかく期待。



念のため。

もしも相場英雄氏ご本人や辺見庸ご本人、あるいはダシール•ハメット様やレイモンド•チャンドラー様、この拙文を読まれても「舐めるな!」とか、「あんな奴と並べて語るな!」とか激怒されるにはおよびません。当方、世界的にはまっっっったく影響力のない、超微細弱小ブログ故。
スポンサーサイト

好物/植物




エラそうに語った舌の根も乾かないうちに、散歩中に行きあたった好物を
昔風に仕上げて悦にいってしまう。

アトミックな村

で。

まぁ早い話が東海村に、いる。
もちろんアトミック関係の工事現場で仕事だ。原子力産業についての態度とかとは関係なく、黙々と作業をこなす。仕事だから。


今日は休みで、とにかくこの土地を見てやるつもりで、カメラ、といってもiPhoneと古いGRDたずさえて、とにかく陽のある限り歩く。まぁ、せっかくの休みだし、本屋とコーヒー休みは長めにとってしまうわけだがね。

世間一般の「村」のたたずまいではないよ。どの家もハウスメーカーのカタログに載ってそうにキレイだし、店も充実している。

村役場



は、札幌市の区役所よりずっと立派。てか、何か他のデンキ関係の施設かと思った。


ただなぁ、歩いても歩いてもなんだか写欲がわかない街並みなのだよ。気配がないというか、(はい、そこ『お前は毛がない』とか言わない)とにかくキレイだし豊かそうだし、もちろんこんなトコロだから経済的にはユタカでおれたち工事現場を渡り歩く職人たちなんかよりはずっと余裕ある暮らしをしてらっしゃるのだろうけど、なんだろう?一日中歩いて、宿に戻ってまた考えて、いまだにわからないあの、ヒトが暮らしている気配やニオイの感じられない風景。もちろんヒトは歩いてるしイヌも散歩してる。

フンも落ちてる。

いやまぁそれは軽い逸脱。

今、ちょっと夢想したのは、この地の神様との縁の切れた感じ。ってのが百眼的にはストンとハマるような答えかもしれない。いやもちろん古い社もあるし、当然それらを大切にしてらっしゃる方々もおられるのも承知だ。

福島同様、北関東のこの辺りもたぶん原子力産業がなければ、コメ作りと漁業の他にはこれといった経済基盤もないのかもしれない。

「リスク」と引換に経済的な豊かさを選んだこの村のことを、それをまた基盤に便利な暮しを享受してきたおれたちがたやすく断罪するのは、おれは正しいコトではないと思っている。それは福島も青森も同様だ。



断罪するのなら、この国をこんな風した責任者は、主権在民っつーくらいだから、すべての片棒かついできたおれたち皆んな等しくお白州にがん首並べなきゃあならねえと、思うのよ。お奉行さま。

東へ

正月あけ直前、インフルエンザを発症した妻を後に、ない後ろ髪ひかれる思いで来た熊本某所の現場を終えて、今度は東へ。

車でたぶん20時間くらいかけて移動するために今宿を出た。午前零時。

こんなことでもなければ絶対来られないところではあったが、次に行くのも仕事でなきゃぁ自分では絶対に行かないようなところ。
美しいものも罪深いものも、どれも人のワザであるのならば、均しく見届けてやる。

百眼読書録
Twitter on FC2
カレンダー(月別)
12≪│2013/01│≫02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ユーザータグ

MUSIC  とりぱん 東北 PHOTO 木建工事 IRISH エマーソン北村 松竹谷清 三度のメシ PC KelticCowboys スワローズ TO 日ハム 新庄 BASEBALL COMIC Hometown 野鳥 東北のこと 秋田にて Baseball RSR Twitter WRITE アイリッシュ CATS 

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
最近の記事
PHOTO and TEXT by

■眼谷猪三郎■


メールはこちら

■眼谷猪三郎■ 「まなこだにいさぶろう」

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。