1. 無料アクセス解析

再掲

「ちひさな群れへの挨拶」   

あたたかい風とあたたかい家とはたいせつだ

冬は背中からぼくをここごえさせるから

冬の真むかうへでてゆくためにぼくはちいさな微温をたちきる

をわりのない鎖 そのなかのひとつの貌をわすれる

ぼくが街路へほうりだされたために

地球の脳髄は弛緩してしまう

ぼくのくるしみぬいたことを繁殖させないために

冬は女たちを遠ざける

ぼくは何処までゆかうとも

第四級の風てん病院をでられない

ちひさなやさしい群れよ

昨日まで悲しかった

昨日までうれしかったひとびとよ

冬はふたつの極からぼくたちを緊めあげる

そうしてまだ生まれないぼくたちの子供をけっして生まれないようにする

こわれやすい神経をもったぼくの仲間よ

フロストの皮膜のしたで睡れ

冬のあいだにぼくは立ち去ろう

ぼくたちの味方は敗れ

戦火が乾いた風にのってやってきそうだから

ちひさなやさしい群れよ

過酷な夢とやさしい夢が断ちきれるとき

ぼくは何をしたろう

ぼくの脳髄はおもたく ぼくの肩は疲れてゐるから

記憶という記憶はうっちゃらなくてはいけない

みんなのやさしさといっしょに


ぼくはでてゆく

冬の圧力の真むかうへ

ひとりっきりで耐えられないから

たくさんのひとと手をつなぐというのは嘘だから

ひとりっきりで抗争できないから

たくさんの人と手をつなぐというのは卑怯だから

ぼくはでてゆく

すべての時刻がむかうかはに荷担しても

ぼくたちがしはらったものを

ずっと以前のぶんまでとりかえすために

すでにいらなくなったものはそれを思いしらせるために

ちいさなやさしいむれよ

みんなは思い出のひとつひとつだ

ぼくはでてゆく

無数の敵のど真ん中へ

ぼくは疲れている

がぼくの憤りは無尽蔵だ
          
ぼくの孤独はほとんど極限に耐えられる

ぼくの肉体はほとんど過酷に耐えられる

ぼくがたふれたらひとつの直接性がたふれる

もたれあうことをきらった反抗がたふれる

ぼくがたふれたら同胞はぼくの屍体を

湿った忍従の穴へ埋めるにきまってゐる

ぼくがたふれたら収奪者は勢いをもりかえす

だから ちひさなやさしい群れよ

みんなのひとつひとつの貌よ

さようなら


「転位のための十編」から
昭和27年創作 吉本隆明 27歳
勁草書房 「吉本隆明全著作集1」 定本詩集 昭和43年12月20日初版発行 "
http://www5e.biglobe.ne.jp/~wood-man/dokusyochiisanamure.htm

百眼の2012/3/11

ロックバンドや映画のスチル写真を撮っていた20代後半の頃、そんな作業を自分で「INTERPROVOKE」とかっこつけて呼んでいた。
音楽や映画や、演じることに携わる人々と、写真を通じて挑発しあえればという、まぁ今にして思えば恥ずかしいくらいに青臭い思い上がりからだ。

もう少し後には「モノを表現せずにおれない、なんて実は恥ずかしいコトで、『アーティスト』だなんて自称する行為は無自覚このうえないのではないか?」とサトるのではあるが、農家が作物や家畜を育て、漁師が魚を捕り、会社員がモノを売って価値を作り出す行為と、バンドマンが演奏し映画監督が映画を作り、照明さんがライトを担ぎキャメラマンがフィルムを回し助監督がカチンコを鳴らす行為のどれにも、価値の高さに差などなくて、一人ひとりの在り方にだけ、どうしても崇高なものやそうでないものがあるのだと、そんなことに思い至るまで、どうやら生まれてから30年ほどもかかってしまった。

それでも大好きなミュージシャンのイカしたライブの写真を撮るのは当たり前に気持ちが昂ぶる。つくづく思うのは、紡ぎ出される音楽が好きなのは言うまでもなく、その音楽をその日演奏するに至った、その人の在り方がやはりどうしようもなく我が身を焚きつけ、挑発してくれるからなのだと思う。


昨年の3月アタマに、実は一度会社からの東北への出張を、自分の事情から断った。そのまま出張に出ていれば1年前の今日は、青森県のゲンシリョク関係の施設の工事現場で迎えていたはずだ。

その後の顛末はこのブログの昨年のエントリーを参照していただきたい。
3月末から宮城や岩手をウロウロして、大きな余震にも遭った。


宇都宮裕三さんは、そんな頃に予備校の春期講習の講師で仙台に来る深夜バスの中からメールをくれた。かれこれ30年前、二十歳になるかならないかのガキンチョの頃に出会った敬愛する友人、彼が久しぶりに書いた芝居の脚本、スタインベックの「ハツカネズミと人間」の彼なりのアレンジだという。仙台のホテルに泊まるという彼と再会の約束をするも、直前に大きな余震。
ホテルも停電で、当然講習どころではなく、ホテルでなすすべなく待機していたらしい。それでも4月の日曜の夕方、どうにか待ち合わせて、仙台駅近くの居酒屋で会うことができた。

あの晩語ってくれた、古典を自分の言葉で書きなおす作業に、音楽表現でいうところの「カバー』とよく似たものを感じたのを覚えている。

その後も夏の始まりまで宮城や岩手にいたおれは、盛岡の近くの本屋でようやく「ハツカネズミと人間」を書った。

あの晩彼が語ってくれた芝居が、まもなく幕を開ける。

「HELP!-『ハツカネズミと人間』より」

ユニット TOGETHER AGAIN

2012/03/15(木) ~ 2012/03/20(火)

http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=32504


またしてもたまたま、関東某所に出張にきていたおれに、写真を撮ってほしいと依頼をいただいた。舞台の写真の実績などないおれに、なんとありがたいお言葉。

今日一日、震災当時のこと、その後の日々のこと、思い出しながら間近に迫った芝居の撮影の準備をしていた。

盛岡で初めてみて以来、何度も勇気づけられた「復興の狼煙ポスタープロジェクト」も今日、素晴らしい新章を発表された。

http://fukkou-noroshi.jp/

震災を扱ったテレビ番組とか、たぶんいまだに正視できないと思う。まぁ幸か不幸かテレビなんぞまともに見られない出張先の宿ゆえ、今夜はもう一度いただいた脚本読み返しながら、撮影のプランとか、確認しつつ過ごすのであった。
百眼読書録
Twitter on FC2
カレンダー(月別)
02≪│2012/03│≫04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
ユーザータグ

MUSIC  とりぱん 東北 PHOTO 木建工事 IRISH エマーソン北村 松竹谷清 三度のメシ PC KelticCowboys スワローズ TO 日ハム 新庄 BASEBALL COMIC Hometown 野鳥 東北のこと 秋田にて Baseball RSR Twitter WRITE アイリッシュ CATS 

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
最近の記事
PHOTO and TEXT by

■眼谷猪三郎■


メールはこちら

■眼谷猪三郎■ 「まなこだにいさぶろう」

リンク
ブログ内検索
RSSフィード