1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドカップ呆け

気がついたらこんなことに…。

100630_1152~0001

スポンサーサイト

暑い日

拙宅のそばを流れる小さな川の上流に気になる公園を地図で見つけて、妻を誘い出かけてみる。

川の流れを引きこんだ水辺で遊ぶ子供たち。
ずぶ濡れになって帰ってお母さんに怒られるんだろうな。


週末の充実

土曜日は妻の友人夫婦を案内して、北海道観光ドライブの教科書のようなコース、ニセコと支笏湖。
もう少しディープなコースにも連れていってあげられるといいのだが、蝦夷地初心者をいきなり大手の観光ガイドに全然触れられていない場所に連れ出すのも抵抗あるよなぁ。I夫妻、また今度ね♪

今日は母校の野球観戦と、球場に隣接した森の散策。札幌は「中央区」に、至近距離でこのとおりエゾリスやシマリスと遭遇できる濃~い森があるのがありがたいっす。


2010-06-27 11-21-00


四国の八十八ヶ所を模した仏像さま達も、いいお顔をしていらっしゃる。

2010-06-27 17-16-54



あいにく母校はコールド負け。
まぁ人生に「次への課題」はつきものだ。

いわゆる「超ロン」とか「3超」とか

お手持ちのパソコンか携帯で、アマゾンを開き、カテゴリーを、
家電&カメラ > カメラ・デジタルカメラ > 写真用品 > ウェア

と進み
下へスクロール。

おれの貧弱な人生経験ではこんなスタイルのフォトグラファーは見たことがないし、おれも着ないぞ、ちなみに現場でもな。

松竹谷清&エマーソン北村!

そんなわけできましたRSR2010第3弾アーティスト発表に「松竹谷清&エマーソン北村」
まぁね、「もう当然」とも思う一方で、やっぱりキヨシ兄の名前が公式HPに載っかっているのを見ると目頭が熱くなるのよ。

今年はボヘミアンが結構充実してて、14日にはバンバンバザールやソウルフラワー、これはタイムテーブル次第ではほとんど他に行くこともないかもしらんくらい面白そうで今から楽しみなんだけど、ここで満足してちゃぁいけないと、本気の観客としては強く自戒。

ここまでやるなら、WESSはいっそP前さんや松永さんも呼んで、ホンモノの松竹谷カルテットを石狩にとどろかせるべきだと、この際強く言うておく。
こういうことはしつこく言っていればそのうち実現するかもしれないが、呼び屋のメニューをおとなしく食っているばかりでは何時まで経っても実現しないから、読者の皆さんも声を大にして言うといい。

もちろんお二人でもじゅーぶん過ぎるくらいにいいのは百も承知だし、ここんとこライブどころかバイーアに飲みにもろくに行けていない不義理も含めてここで土下座しつつ、「とにかくめでたい」とことほぐのであった。

エゾアカネズミらしい。

自宅から見上げているT山に妻と向かうも頂上手前で雨が心配になり撤退。

その撤退のおかげで登山道の真ん中で丸くなっているこんな生き物に遭遇。

モグラによく似た「エゾトガリネズミ」かと思ったんだが、どうもエゾアカネズミらしい。
鼻先でカメラを構えてもご覧の通り逃げもしない。


THE TOWER



蝦夷地某所、某ゼネコン建設現場。

R0012164.jpg


クレーンが玉掛けているのは集成材の構造物。これをふたつ、縦に重ねてTOWER状建築物をこさえてご覧に入れるというのが今回の現場のハイライト。

R0012169.jpg


地切れたところ。

R0012176.jpg



アンカーに無事セット完了。

この後建て込んだ下屋とアンカーを明日エポキシ樹脂で定着、内部階段の別途工事施工がすんだら2層目を同様に吊り込みます。

tag : 木建工事

サッカーの番組の話

日曜出勤の早起きついでにイングランドvsアメリカをちょっとTV観戦していたら、その後の番組で朝っぱらから涙ちょちょぎれた。

NHK「アジアン スマイル」「アラブの誇り シュートにこめろ」 ~イスラエル サフニン~

http://www.veoh.com/browse/videos/category/news_politics/watch/v15592431Aj9Pn3CW

イスラエル一部リーグのアラブ人サッカーチームの話。
もちろんアウェイの試合ではほとんどけんか腰で削られる。相手チームのサポーターからもおよそスポーツ観戦のマナーとか薬にもしたくないシオニストどもの罵声。
皆さん、わかりますか?サッカーのスタジアムで「テロリスト」だの「娼婦の息子」だのという言葉がいい大人の観客から投げかけられる現実。

およそ勝ち負けが結果についてまわる競技に、ナショナリズムや排外主義の落とし穴が必ず潜んでることなんか先刻承知だし、ましてやワールドカップやオリンピックみたいなイベントがそんなものを巧妙に利用しながら巨大な利権をあさっているのも、それがサッカーだけではなく、およそあらゆるスポーツイベントの現実なのもよく知っているがね。

スタジアムにはもちろんイスラエル人の子供たちも来ている。先ほどのような罵声をあげる大人たちのそばで、イスラエルの子供たちは立派なシオニストに育ってゆくわけだ。
嗚呼。

自分たちと異質なものを理解できず、排除せずにおれない未熟さを、この星の人間たちはいつになったら克服できるのだろう?

いたずらに憎悪を再生産している現実を、こうやって見過ごす私たち世界中が、本当はこの子供たちの未来に責任を負っているはずなのだよなぁ。

ギンリョウソウ

妻の誕生日のプレゼントに、先日も触れた登山靴。
まぁあくまでも中年夫婦の分をわきまえて、軽い山き程度しかしないつもりなので、それなりのもの。
実家から掘り出してきた古いデイバッグを妻用にして、買ったその足でまずは市内の300メートルほどの小さな山に足慣らしに向かう。

6月といえば全国的にはそろそろ初夏だろうが、今年の蝦夷地はまだ新緑の茂る季節で、たっぷりと目の保養をさせていただく。

途中ギンリョウソウなんかも見つけて、ちょっと見入る。つーか、もっとしつこく見入って写真も撮りタオしてくるくらいの才覚があれば、おれの人生も別の展開をしていたのかもしらんが、まぁあまりそおいう才能には自分で惹かれないのでしかたがない。きれいだったけどね。

2010-06-06 13-09-27


こちらはどうやらテンナンショウの仲間らしい。
美しいこと。
2010-06-06 12-50-18

tag :

「もうらい」


蝦夷地難読地名シリーズ初級編?
久しぶりに国土地理院の地形図を買ってみたら、一枚あたりの描画範囲がずいぶん広がっていたのだね。折り方にしばらく悩んでしまった。

先日行った河口を妻と復習したり、この先の散策プランを練ったり。


百眼読書録
Twitter on FC2
カレンダー(月別)
05≪│2010/06│≫07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
ユーザータグ

MUSIC  とりぱん 東北 PHOTO 木建工事 IRISH エマーソン北村 松竹谷清 三度のメシ PC KelticCowboys スワローズ TO 日ハム 新庄 BASEBALL COMIC Hometown 野鳥 東北のこと 秋田にて Baseball RSR Twitter WRITE アイリッシュ CATS 

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
最近の記事
PHOTO and TEXT by

■眼谷猪三郎■


メールはこちら

■眼谷猪三郎■ 「まなこだにいさぶろう」

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。