1. 無料アクセス解析

和田アキ子もびっくり

K.D.Langの「HELPLESS」はアルバム聞いたときから「いー」と思ってたがこれは当たりだろ。
それにしても貫録あるお姿。

多分世界一の「Shelter From The Storm」

DylanがWhite Houseで演奏するそうだ。



長年のファンとしちゃ複雑でしょ。

「John Brown」や「Masters Of War」をオバマの前で歌ったなら、もっぺんベタ惚れしなおしてやるんだが、どうも口当たり…耳障りのいい歌でお茶を濁されて肩透かしくわされそうで。


あ、

こんな曲もあったな。

But even the president of the United States
Sometimes must have
To stand naked.

It's Alright, Ma (I'm Only Bleeding)

北森鴻

浅川マキさんにせよ、小林繁にせよそれほど親しい交わりをもっていたわけではないが、実は北森鴻は現役でほぼ全作品読んでいる、ついでに読むそばからMANACO母に貸し与えて「面白いから読むように」と折伏してきたおかげで親子の会話もずいぶん豊かなものになったありがたい作家だったのだが、俺といくつも違わないお歳で、心不全で逝かれてしまった。

たぶん最初に読んだのは「メインディッシュ」であったと思う。あんな作品と蓮丈那智シリーズあたりの振幅がおもしろかったんだが、もう新作が読めないとは残念であることよなぁ。

ひっぱりうどんとトマト鍋

日曜日。たまの女房孝行に、というよりは自分の食い意地で昼夜食事当番。

昼は最近ネットで見つけて興味もってた「ひっぱりうどん」。
山形あたりの料理らしく、納豆と鯖の水煮缶、ネギ、鰹節などをひたすらまぜまぜして、乾麺のうどんをゆでたままの鍋からすくってはからめて食うという見た目も形もまぁ全然上品でない、いかにも内実優先の食い物。
MANACO的なアレンジとして今回は納豆の付属のたれとめんつゆ、醤油もひとたらしとすり胡麻。
別にトッピングに梅とネギ鰹節、とこれまたすり胡麻をひたすらたたいた「梅たたき」と焼き海苔。

これがまあ、想像以上に旨かった。
妻も驚喜、二人で日曜の昼下がり、ずるずる盛大な音を立てながらひたすらうどんをすする。

満腹。

夜は「トマト鍋」
といってもこちらも食ったことがあるわけでもないので、自己流。
普通の鳥と野菜のトマト煮を土鍋で作る感じ。野菜を白菜やゴボウといったドメスティックな具材を使う程度。こっちはシメの飯がトマト風味のリゾット風というか、オムライス風というか、まぁやっぱり見た目よりは内実重視のできあがりになり、またしても中年夫婦二人、満腹。

とりあえず女房殿からは合格点をいただいたので、またそのうち食卓に乗せるべ。

御近在の方で勇気のおありの方はMANACO宅に実験台に…いやいや遊びがてら食いにおいでませ。


MARIMO…

下ネタですまんな、多分携帯からは見られないと思う。

まぁそんなに間違っていないから、蝦夷地に来られる方々は十分ご注意願いたい。


まぁ一応ことわっておくが、いろいろ詳しく知りたい方は「MARIMO COMPANY」の激重HPもご覧になるがいい。MANACO宅の環境とあっしの性根ではとても開くまで待てませんでしたがね。

スリッパその後

20100121173716
え~先日わざわざ紹介したダイソーのスリッパですが、ご覧のとーり寿命は2週間という結果がでました。
同僚いわく「1日10円か?」。

う~ん、妻に無駄遣いをなじられるか微妙なライン。←貧乏

接着剤で直したりしたら、その接着剤代の方が高くつきそうだし、次はどうしたものか悩ましいっす。

shane macgowan と nick cave

MANACO的にはとりわけすげえカバーというわけじゃないんだが、なんか沁みた。

除雪三昧

自宅周辺はそうでもなかったのに、会社のある札幌市北部は昨日大雪だったようで、我が社の大駐車場は軽く膝上までの積雪。
絵に描いたような中小企業、事務所の2階は社長の自宅なんだから、昨日1回くらい除雪していてくれればこちらは楽だったんだが、社長夫婦の車2台はしっかりガレージの中。
そんなっわけで本日の業務は、朝から3時過ぎまでかかって二人がかりで、除雪。ふう。

昼過ぎには儂らが積み上げた雪の小山で、社長が幼い娘にソリ遊びをさせるのを横目に「This is 資本主義」などと思いつつひたすら除雪機を押すのであった。

The Many Faces Of

チーズバーガーは結構皆さんご存じでしょうが、その姉妹サイト。

ツボった。

「ふゆやすみのこうさく」?




アップル・コンピューター向けの洗練されたデザインのスピーカー…ではご覧のとおりなくて、生活感まる出しの味噌容器廃物利用の野鳥の皆さん向けリンゴ給餌台2010年版。

設置後1分でまたヒヨドリが寄ってきて、見ての通りもうひとっ齧りしていった。

窓の反対側に昨年はペットボトルでヒマワリの種を、こちらは四十雀向けに昨年同様設置。昨年は中国産の落花生をぶら下げたんだがこれが不評で、今年は試しに国産に切り替えたらこれがなんと好評。なんて口のおごったやつらだ。

気を良くした妻が今度はバードケーキを作り、野鳥の皆さんのご来店をお待ち申し上げています。

今日は向こう側に見える木の枝につぐみが来て小1時間ほど偵察していったらしいが、果たして餌に関しては強烈な独占欲を示すヒヨの目をかいくぐってリンゴにたどり着いてくれるかどうか。

日曜版

20100110105311
……無理。

「なら」?

つい見てしまうおれもたいがい俗物だが、どうかと思う。

無題

ダ◯ソー

100円ではなく、「157円」だが。

会社で使用するのに先月下旬に購入したスリッパが、もうこんな状態。



ダイ◯ーとおれの右足の名誉のために一応言うておくが、それまで使っていたスリッパも同じ店で購入して、
ちゃんと2年半くらいかけて履きつぶした。

で、懲りずに今日同じモノを購入してみたから、今度は何日もつか、これでブログのネタももうひとつ稼ごうという姑息な魂胆である。

お約束 正月の読書

1/2 あまり外に出たくはないような天気で、年末にやっと買った舘浦海豹の「温泉の神様の失敗」
舘浦海豹は昨年初めて何かのテレビ番組で見て、北海道の観光産業についてちょっとびっくりするくらいマトモな意見をおっしゃっていたので、「この人はただの観光物書きとは違うな」と目をつけていたのだが、案の定ただ者ではなかった、面白がったわ。

続けて意外にも持っていなかった山田風太郎さんの「風眼抄」
多分有名なんだと思うのだが、「蟹の味噌汁」のくだりを思い出して書棚を調べてなくてちょっと愕然。

「(パン粉)で庭に『バカ』と大文字で書いておくと、雀が『バカ』の字なりにならんで食べている。それを二階の書斎から双眼鏡で見ている…」
たまらん。

明けましておめでとうございます。


歳男なんだけど、いちいち説明しないとなんないんでボツになったMANACO家の年賀状(案)。
百眼読書録
Twitter on FC2
カレンダー(月別)
12≪│2010/01│≫02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
ユーザータグ

MUSIC  とりぱん 東北 PHOTO 木建工事 IRISH エマーソン北村 松竹谷清 三度のメシ PC KelticCowboys スワローズ TO 日ハム 新庄 BASEBALL COMIC Hometown 野鳥 東北のこと 秋田にて Baseball RSR Twitter WRITE アイリッシュ CATS 

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
最近の記事
PHOTO and TEXT by

■眼谷猪三郎■


メールはこちら

■眼谷猪三郎■ 「まなこだにいさぶろう」

リンク
ブログ内検索
RSSフィード