1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻の果実

ちょいとワケアリの急用で、先週木曜の夕方あわただしく帰札。
いつもの「つかの間の我が家」、今もう羽田から宿舎へ向かうところ。

蝦夷地の原住民としてはせめて応援したい、道内企業の航空会社、機内サービスで「ハスカップティー」を頼んだのに、ひと口飲んだら「オニオンスープ」

気の弱そうなCAが平謝りに謝りそうで、おとなしくスープをいただいた小心者のおれ。
スポンサーサイト

がおる

実用北海道弁講座

多分動詞。疲れて消耗しているさまを蝦夷地では「がおる」「がおってる」とか言います。

まぁあれもこれもそれもどれもどれも、どれもどれもどれもどれも、(はぁぜいぜいっ)まるっきりつまづきっぱなしの現場だが、それなりに鍛えられてます。

ふう。

妻も憤慨

まあ、このままでいいとは思えなかった横浜ベイスターズ。
案の定監督辞任、のニュースが流れたんだが、夜になってあらためてよく見たら「辞任」でなく「復帰の可能性のない休養」という、どこまでも中途半端な球団のやり口。
スワファンのおれから見ても、監督選手はもとより、ファンの気持ちもないがしろにした無礼な行為に思えてならない。

筋金入りのハマファンの妻の激怒が出張先まで伝わってくるのだよ。難儀な出張で離ればなれの中年夫婦が、それでも笑顔で穏やかに日々を過ごすためにも、もう少し愛のある球団経営ができんかTBS。

リアルに想像すること

そろそろ「怖い話」の季節で…まぁ、ちょっと、早いが。

出張先の宿舎、早い時間に酔いつぶれた同室のおっさん、酔っ払うと話がクドくて、しかもこっちがどんなに真面目に答えても翌日何も覚えていないから、さっさと寝てくれるのはありがたいんだが、こやつにはもうひとつ、寝てもうるさい特質があるんだ。

先ほど、

それまで静かに寝息たてていた彼は、いきなり起き上がり

布団の上であぐらかいて、

その姿勢のまま



歯軋り。

まぁ充実の休日

昨夜遅くまで、先日来の「うつぼ舟」マイブームから、杉本苑子「華の碑文」2日で読了。

朝のご近所散歩でかつてはここいらの街道筋に、にらみをきかせていらしたであろう不動明王さまやら馬頭観音さまやら、一堂に会した公民館前庭。

午後はネットで野球観戦、日ハム(地元、夫婦で応援)横浜(嫁のひいき)スワ(もちろんおれがスワファン)の3元中継しつつ、嫁とメール。

ある意味ウィークデーの仕事より忙しいぜ。

おかげでネットで少しは観阿弥や世阿弥のこと調べるつもりが、それどころではない日曜日でしたわ。

BとC Aは多分風に吹かれている

20090506133541
羽田から京急、すんなり京急蒲田で乗り換えれば横浜方面なんだが、品川経由新宿、もちろんおなじみBERGで軽くランチだ。

いまだに解決しそうにない立ち退き問題。
一番近いトイレをつぶし、階段すら通行を阻害し、最近では年間1千万円の家賃値上げを要求したり、まぁもう少し荒っぽい時代なら、おとなしい署名やネット上の言論だけでは絶対に済まなかった筈の無茶が、権力さえ持っていれはまかり通る日本を作っちまったのは間違いなく儂らオトナだから、いろいろ考えねばだわなぁ。

ここのコトを知ってしばらくして、ふと思いあたったのはかつて札幌駅の駅ビルにあったCという居酒屋のこと。
同じように個人経営で、駅ビルん中のかなりいい場所で、2、300円の極上のつまみと、ビール日本酒酎ハイ類、ランチタイムはバイキング形式で、やはり激安の美味い食事をとれ、その横で昼間から宴会状態で飲んでいるグループがいたりと、マナコ的にBERGに匹敵する貴重な店だったんだが、ある時突然閉店のアナウンスがあり、あまりにも唐突に店を畳んでしまった。

どうもね、今にして思えばBERGと、というよりルミネの店子が直面した事態と似たようなことがあったんでないのかと勘ぐられてしまうのよ。
詳しく理解しないで、定期貸借の契約をしちまっていたとかね。

まぁ今となっては知るすべなんかないけど、もしあの店がなくなっていなければ間違いなく嫁のお気に入りの飲み屋も一軒増えていたろうな。

札幌駅で飲みすぎて小樽あたりまで乗り過ごされる心配はしないですむがね。

もちろんいつものあの場所へ。

昨日は自宅から車で10分ほどの、ヨソんちの裏山みたいなところで夫婦で軽く迷子になりながらシマエナガの姿やヤマゲラのドラミング、草木の新芽や沢のせせらぎやらにどっぷり浸かっていたんだが、今はもう一人羽田から京急、山手線ときた。

明日からまた横浜市某所の現場の続き、その前にもうひと息、おなじみの場所で英気を養わせていただこうとまぁ、こういう訳。

まぁ、楽じゃぁねーっすよ。ふうっ。

GW

もちろん嫁と遊び惚けていたとも。

詳しく語ればきりがないが、札幌石山緑地で札幌軟石の歴史について語りつつ、林の中にコゲラやアカゲラを見つけて驚喜し、蝦夷地の日本海岸に初めてドライブに連れ出せば、その景観に「すごい」を連発、ウニ丼といくら丼のお得なセット、帰り道に造り酒屋と極上の漬け物、そして今日は「軽く散歩」のつもりが気がつけば山道を軽くハイキング、蝦夷地の遅い春を堪能してきましたわい。

キヨシロー

2006、2008とライジング・サンの出演を、直前にキャンセルせざるをえなかった無念をはらしに、今年はきっと身軽になって余計な障害もなくなって、間違いなく来てくれるだろうな。

嫁によるとあっちでボ・ディドリーあたりとセッションしてるはずらしいから、ぜひ連れて来てほしいぜ。

とにかく帰る

昨夜も現場終わってから、事務所で打ち合わせ、宿舎に戻ってぱそ開いてメールチェックやら業務連絡やらしていたら、同室の既にほろ酔いの職人たちから「家庭に仕事を持ち込まないで」とからかわれた。

で、今、羽田空港である。

GW直前にいろいろ事情を検討した結果、多少無理してでも蝦夷地に帰ることを決め、GW前の現場を精いっぱいこなし、最終日をそこそこに辞してきて、空港でチェックインを済ませ、デカくて邪魔な荷物を預けてしまえば、後はささやかながらも余計なこと忘れて愛妻やら愛猫やらとのどかな時間が待っている。

と、これで仕事のストレスともつかの間パイよと思った矢先に、

携帯電話が鳴っている。

出張前に札幌で済ませて、後は上司に引き継いだ筈の案件が、対応してもらえていないという、今頃になってクレーム口調の業務連絡ときた。

今更おれが対応してやる責任などないから、改めて上司に連絡とる旨伝えて一度は電話を切った。
が、

こんなことやってっから生涯びんぼクジだと自分でも思うが、数秒後にもう一度電話し、自分が連休中に全部済ませちゃるけん、必要なファイルをメールしてよこしんしゃい。とにわか南方民族になり、まくしたててしまった。

上司が連休中に仕事なぞやる筈がないし、それを言えば今の現場の販売店どもも同じで、連休明けの手配は下っ端が家庭に仕事を持ち込みながらやるのだ。

やるのだったらやるのだ。ふうっ。
百眼読書録
Twitter on FC2
カレンダー(月別)
04≪│2009/05│≫06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
ユーザータグ

MUSIC  とりぱん 東北 PHOTO 木建工事 IRISH エマーソン北村 松竹谷清 三度のメシ PC KelticCowboys スワローズ TO 日ハム 新庄 BASEBALL COMIC Hometown 野鳥 東北のこと 秋田にて Baseball RSR Twitter WRITE アイリッシュ CATS 

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
最近の記事
PHOTO and TEXT by

■眼谷猪三郎■


メールはこちら

■眼谷猪三郎■ 「まなこだにいさぶろう」

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。