1. 無料アクセス解析

年末のごあい…

20081231231127
激動の一年もしめくくる準備完了…のつもりが、新しく買い求めてきたスケジュール帳が、嗚呼人生こんなもの。

On The Slow Boat To オタル

最後に26日、一日だけ新宿2丁目のビルの現場。

通りに面した2階の、足場もない梁にまたがりながら、新宿のこんな場所で現場仕事するようになるなんて思ってなかったなぁと妙な感慨にふけっちまったよ。

その深夜平塚の宿を発ち未明に新潟。
新潟発小樽行きフェリー。午前10時半出航。

大時化。

定時には出たものの、翌早朝4時着予定が遅れに遅れる。
まるで波に押し戻されてんでないってくらい。

出航した日の夜には「翌日13時頃着予定」のアナウンス。
既にこれでもマナコ史上類を見ない遅れっぷりなのに、翌朝には「14:15入港予定」と微妙に細かい遅延アナウンスを、さらに正午頃「午後4時入港予定」にまた後方修正でとうとう12時間遅れだ。

もうさっきから積丹半島の山々も見えているのに、じれったいことこの上ない。

いー加減みな口々に「運ちゃん、もっと飛ばしてけれ」「もーどこでもいいから、その辺の港で降ろせ」「燃料費が高いから、燃費走行してんでないのか」などなど。

んで、たった今さらに遅れて16:45入港予定のダメ押しのアナウンス。

もうずっと前から難民ボートだが、年末の超満員のフェリーのお客さん、ますます脱力顔。はぁ。

ビールスカプセル

茅ヶ崎あたりで何をしていたかというと、パチンコ屋を建てていた。
宿屋は平塚の旅館、二人ないし三人部屋で、朝から晩までどころか、半月顔つきあわせっ放しのおれたちを次々と襲ったのが風邪。例えばおれの場合こんな具合。

朝から元気にどなり散らしていた同室のおっさんが、10時の休憩に突然不調を訴える。そのまま作業には参加するが、夕方にはフラフラで、旅館帰着後は飯も食わずに布団に潜り込んでいた。
気をつかって部屋の暖房を少し高めにして、風呂など済ませてそれまで普通に元気だったおれが、夜10時過ぎ、突然悪寒を覚え「ヤバい」と思った時にはもう手遅れ。
その夜は朝までロクに眠れず、数十分おきにトイレに通っては激しいゲーリーくん。
既に発病していた同室のおっさんと、もう1人別の部屋の若い衆と三人で一晩中トイレ通いで夜が明けた。
三人げっそりのまま、それでも現場へ行くのも最早意地みたいなもんだが、おれはほとんど使いモノにならず、軽作業をスローペースで、それもトイレ通いしつつという体たらく。

夕方には悪寒と体のだるさはピーク、ゲーリーくんはこのあたりで去っていた。

晩飯は半分くらい食べたたな。とにかく睡眠。翌日にはほぼ快癒というせわしなさ。

総勢8人中6人までがこんな具合にヤラれていたと思ったら、24日には仕事から帰ると旅館のおっ母が「具合悪くて今夜は食事の用意ができないので、これで何か食べて」とキャッシュバック?
前代未聞クリスマスイブの晩に食いっぱぐれるピンチときた。
もちろんおれたちのタチの悪い風邪がおっ母に感染したに違いない。すまんおっ母。

また来て富嶽

そんなわけで13日、キヨシ兄とエマ賢のクリスマスライブ。
どの曲もこめられた豊かな想いに輝くばかりの気持ちのよい時間を堪能して、「あーやっぱり出張を伸ばしてよかった」

翌日は軽く廃人のまま出張の支度。
昼に自宅を出て千歳から羽田。京急とJR乗り継いで今回の現場は茅ヶ崎。
どーもこのまま年末まで居残る気配。

せわしないこっちゃ。

おーなんてこったい

そんなわけで今度の車は雪道にも安心な四駆で、排気量も少しばかり小さくなりお財布にもやさしー…まぁ以前ほどやんちゃな乗り方はできんがトシ相応というやつではある。
で久しぶりに「満タンで5000円でおつり」というこれまた小さな幸せをあじわってきた。

まぁそれはそれとして昨日出社するといきなり社長が。


え~これでこのご時世リストラじゃないなら、読者の皆さんのご想像のとーーーり。

暮れも押し詰まってまた出張でござる。しかも13日、土曜日から。
それも関東方面。
おーなんてこったい、しっかりキヨシ兄とエマ賢のクリスマスライブの日から出張なんて。

ガソリン代なんかよりこっちの方がよっぽどオオゴトなんだけども、こればっかりは仕方がない。
皆さん俺の分までライブを楽しんで薫製よ。くすん。


と軽く沈んでいたら奥方が、「ライブ観て翌日飛行機で行けば?」と太っ腹な…いやいや、心の広いお言葉。

急遽日曜日の羽田行きを予約し、いつまでたっても綱渡りな日々、ヘリコプタージョーだぜ。

13日にバイーアにおいでになる皆さんにはささやかなクリスマスプレゼントも準備中である。



ハイブリッドエビフライ?

あるwebサイトによると「トヨタ自動車が役員33人(取締役と監査役)に払った役員報酬や配当などの総額は33億5200万円(06年)。1人当り1億157万円で月額846万円にもなる。さらに高いのは日産自動車で、取締役9人で総額は25億円。1人当り2億7777万円(06年)で、日額76万円となる。」んだそうだ。
もーこれだけで想像の埒外の額だが、「アメリカ並みに役員報酬を1ドルにすりゃぁ派遣労働者も期間労働者もみんな救えるんでねえの?ちなみにこの円高の折、当然ドルだてでな。」とは誰でもそのくらい思うだろう。

お恥ずかしい話、「トヨタが売ったアメ車」という見苦しいものにこの何年か乗っていた。
これがまた見苦しさそのままやっかいなシロモノで、やはりあちこちのwebサイトで「ここが壊れる」と書かれている箇所が軒並み故障してくれて、えー加減この先も不安にはなってきたところ。

そんなわけで先日やっすい国産中古車を決めてきて、今は納車を待っている状態。で、今度はホンダ。
国産メーカーで一番まっとーかなと思っているのはホンダなんだが、その「まっとーさ」のもう一方で、F1でやんちゃする血筋が絶えるのはちょっとさびちいことよな。ま~このタイミングでF1からさっさと撤退できるのもおれから見れば「まっとーさ」の一面なんだがね。

自動車メーカーはこの際、余剰の派遣労働者や期間労働者を使って国産の冷凍食品工場でもやればいいんじゃないか?
新事業の開拓と食の不安の解消で社会的にも受け入れられるだろ。
もちろんホンダは宇都宮の餃子工場に出向させればよい。

トヨタは…エビフライ工場あたりかい?


ハイブリッドエビフライ「プリプリウス」

だめか

シクラメン

猫の好物がチーズバーガーらしいかの国でも、学生はラーメンを食らうらしい。

まぁそれはそれとして、シクラメンの季節になりました。

石狩平野

物質的な豊かさなど、生きていく日々が見せる過剰な夢みたいなもので、いつでも失ってもいい覚悟でいたいとは、これでも自戒はしている。

まぁ実際には携帯電話とパソコンと車がなくなるだけで、多分大きなストレスになっちまうだろう己の貧弱さも自覚してはいるがね。

網走の旅館で懐かしく読んでいたのだが、あらためて最後まで読みたくなり、試しに検索したらただいま絶版なのだな。船山馨の「石狩平野」。

古書店で検索して正続2冊入手。続編の方はもしかしたら読んでなかったかもしらん。

明治大正昭和と、いろんな意味で未開の蝦夷地で、厳しい風土にも未熟な政治にも、そしてオロカな男どもにも屈服せずにまっすぐに生きた女たち。

携帯電話や車どころか、電気もガスもなかった当時のこの町でも、収入の少なさだの父親のいない子供への蔑視だの、簡単に「貧乏」とか「差別」とか言ってしまえないのは、主人公の鶴代の決して卑屈ならずにひたむきに己に誠実であろうとする姿ゆえだよな。

「蟹工船」なんかよりこっちを読んだ方がよっぽどいいと思うぜ。

昨夜仕事からの帰り道、火事の現場に遭遇した。うちと大して違わないアパートの一室だったようだが、今朝新聞で見たら母娘5人の世帯で下の娘さん二人がそれぞれ重傷と重体だと。

よく考えれば何が豊かになったんだがちっともわからないようなこの町で、被災されたご一家が鶴代と娘たちのようにまっすぐな心根で厳しい季節を乗り越えていかれることを祈るばかりだ。
百眼読書録
Twitter on FC2
カレンダー(月別)
11≪│2008/12│≫01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
ユーザータグ

MUSIC  とりぱん 東北 PHOTO 木建工事 IRISH エマーソン北村 松竹谷清 三度のメシ PC KelticCowboys スワローズ TO 日ハム 新庄 BASEBALL COMIC Hometown 野鳥 東北のこと 秋田にて Baseball RSR Twitter WRITE アイリッシュ CATS 

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
最近の記事
PHOTO and TEXT by

■眼谷猪三郎■


メールはこちら

■眼谷猪三郎■ 「まなこだにいさぶろう」

リンク
ブログ内検索
RSSフィード