1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本気か?



河北新報ニュース
カツノリにコーチ要請 楽天・来季スタッフ

 東北楽天が、カツノリ捕手(33)にバッテリーコーチ就任を要請することが28日、分かった。

中略


 カツノリは今季、野村克也監督から配球を評価され、昨季の6試合を大幅に上回る55試合に出場(28日現在)。だが、盗塁阻止率が8分9厘にとどまり、肩の弱さを露呈。最近は、起用に疑問を持ったファンからやじを受ける場面もあった。"
http://jyoho.kahoku.co.jp/member/news/2006/09/20060929t14024.htm

一茂でさえコーチはやらんかったぞ。
つうか駒苫の田中君、いきなりイバラの道やの~。
スポンサーサイト

葉脈



実は結構好きである。

「トライX」があるかぎり

以前も書いたけどずっと私淑し続けている森山大道氏の、学生たちとの対話。普通なら答えにくそうな質問にも、てらいなく答える姿勢が好感。

■ 昼の学校 夜の学校 
  森山大道
  平凡社
  
『「トライX」があるかぎり、印画紙があるかぎりこれまでどおりやっていく』

なんてかっこよすぎる台詞も許せてしまう。
だって似合うんだもん。

そういえばこの人も「アヴァンギャルドフォトの日本代表」みたいな評価とは裏腹に、プリント技術にしても、写真そのものについての考察にしても、とってもしっかりしたものを持ってらっしゃる方であった。

「きれいに焼けといわれたら…冗談じゃなくいくらでもきれいに焼ける」「…けれども、やっぱり気持ちが悪い」

どうやらこの人だけはいつまでも個人的にアイドルらしい。

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

つくるらしい。



予約、応援コメント、メール、プリンター用インクなど募集中、らしいぞ。

世界で一度も咲かない花



「パンク、ニューウェイブを体験していないと、(一緒に演奏する上で)通じないものがある。」と、キヨシさんが言っていたことがあった。

ものをつくる…なにがしかを世界に向けて発語するうえで、その「言葉」の歴史のうえにどう立つか。我が身をかえりみつつ至極まっとうな態度だと、ずっと思っている。

実はそんなことを考えるきっかけになったのも、この男なのだが、「どこでもドアーズ」時代であったか、ジャズのスタンダードをカバーする際に、当時図書館でCDを検索して、その曲が収録されているCDやレコードを片っ端から借りて聞いている、と言っていた。
これもまた、至極まっとうなことなんだけど、PCも普及していなければ、もちろんiTunesもない頃に、なんつー地道でまじめな作業。

在京時代、ライブの回数なら一番多く見た、友人ハル宮沢からの健在ぶりを知らせる、便り。

■ コスモポリタン・カウボーイズ
  世界で一度も咲かない花
  
それこそパンク、ニューウェイブから、フリージャズにいたる遍歴を経て、カントリー・ロック、アイリッシュへと、平坦ではないルーツへの遡行そのまま、いろんなものがつまってそうな気配を、ちゃんと感じさせてくれる音。

メンバーの経歴を見ても、つまらないカテゴライズを軽々と越境してくれそうな予感満載。

今の彼のライブを見られないのが、歯がゆくてしかたがない。

HPでは全曲試聴できるし、アマゾンやタワレコでも買えるらしいから、ちゃんと買って聞くこと。                        

theme : 邦楽CDレビュー
genre : 音楽

Johnny Cash




■ American Ⅳ: The Man Comes Around

久しぶりに電話した友人のおすすめ。

「Bridge Over Troubled Water」やら「In My Life」やら懐かしい曲ばかり、でもこんなふうに歌えるように年をとるのは並大抵ではないと、思い知らされる当時70歳。

「Danny Boy」「Desperado」あたりまで聞いて一度も泣けなかったような方とはお友達になれませんっ。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

紫陽花

20060924142849
梅雨に当たらない蝦夷地では夏から秋にかけてゆっくりと色褪せながら枯れてゆく。
まもなく10月の声を聞くというのにしぶとく色を残している。
美しいとは思わないが、毎年この時期の方が眼がいく。

一気読み中

「隆慶一郎の松平忠輝と久しぶりに会いたい!」と、小説の作中人物に
「会いたい」としか言いようがない感情に、しばらく前に突然駆られて、以前持っていたのはどうやら友人に貸したまま行方不明の

■ 捨て童子・松平忠輝
  講談社文庫
  
  
セコハン書店5軒探してやっとそろった上中下全3巻。案の定あっというまに読み終えて、やはり同じ友人に貸したはずの

■ 影武者徳川家康
  
も読まずにはすまない気分。今度はBO●K OFF1軒で3巻揃いを手に入れ、もう貸しません。

今度友人に薦めるときには、買ってプレゼントします。

軽く予告

年に1度くらい、電話で話す友人、3ヶ月に1度くらいGoogleで検索するのだが、なんと今日、CD発売日であった。驚"~っ。

例によってアマ●ンで買ったから近いうちにあらためて紹介するつもり。

「世界で一…」

昼間だって危ない。

飲酒運転の悲惨な事故の話題がしきりであるな。
正直に言うがおれも飲んで運転していたことがあります。
もう、やめたが。


少しは認知されてきたようだが、自転車も本当は酒を飲んで乗ってはいかん。れっきとした道交法違反である。

警察の皆さんは、その辺の駅の自転車置き場で検問をやればよろしい。週末の夜などシラフの人間の方が少ないかもしらん。

まぁ冗談だ。酔っ払いの自転車など取り締まっても世の中は安全にならない。


遠方への出張でフェリーを利用することが結構あるのは何度か書いた。
たいてい夜間を移動に当てて翌日の午前中とかに上陸する便を選ぶ。
船内の朝食のテーブル。
いいですか、皆さん、トラックのドライバーたちの朝食にはいつでもビールや徳利が何本も並んでいる。
普通ならスープやみそ汁を湯煎で温める調理器具に何本もの徳利が並んでいるのも目撃した。

朝の7時8時から、フェリーの朝食サービスでは、トラックドライバーに平気で酒を出して、まるで晩酌のような光景が当たり前に展開されているのです。
試しにその辺のフェリーの時刻表をご覧なさい、そんな船の着岸時刻はみな9時とか10時とかだ。

自転車どころの騒ぎではない。この国のちょっとした港町には昼間っから、ついさっきまで酒を飲んでたドライバーが運転する大型トラックが、当たり前に走っているのです。港町だけではもちろんない。そこから彼らは幹線道路で別の町へとすっ飛んで行くんだから。

本当に交通安全のために取り締まりをしたいなら、警察の皆さんはフェリーターミナルで検問しなさい。それと売り上げのためにドライバーを甘やかして世の中を危険にさらしているフェリー会社も厳しく取り締まっていただきたい。

theme : 社会ニュース
genre : ニュース

不潔新聞関西版からのバトン



Q1 回してくれた方の印象をどうぞ

「他人とは思えない」

これは自分と同じようなにおいを漂わせている方を見つけたときのおれの標準的な反応である。



Q2 周りから見た自分はどんな子だと思われてますか?

間違いなく「子」だとは思われていないでしょうな。

仕事関係からは「扱いにくいやつ」


通りすがりの方々からは、多分「その筋の人」か「坊さん」でしょうか?

Q3 自分自身を客観的にみた印象は?

「確信犯」ですかな?

世間の多数派では、決してないことを承知した上で、そんなあり方が自分にとって自然なのだから、折り合いをつけながらもつらぬくものはつらぬきます。

すまんな、いろいろ迷惑かけて。


Q4 自分の好きなタイプについて5つ述べてください

 1 「ひとり」であることを肯定的に生きられる人
 2 小さなもの、弱いものを思いやれる人
 3 もちろん「色っぽい人」
 4 頭のいい人
 5 バカなことを、本気でやれる人

1、こういう人が実は寂しがりであったりもするのだが、「一人では何もできない」方々は論外だし、「一人だと寂しくて死んでしまう」とか平気で人前で言う人もダメですな。

2、多くの方がおそらくご想像の通り、おれ自身がいろんな意味で多数派のカテゴリーには入らないタイプの人間ではある。
では少数派のカテゴリーで、例えば社会的弱者のグループの認知や地位向上のために行動したりするかというと、これまた逡巡するのだなあ。

早瀬まひる氏が何かの本で言っていた。「小さなグループは、もっと小さなグループを抑圧しようとしたり差別しようとしたりする」
このへん、1、とも微妙に関連。

結局、ひとりである自分を大切にする方は、同様に組織やカテゴリーに関係ない個人を尊重することを理解しているのだと思う。

3、これは男も女も、おれにとっては「フォトジェニック」と同じ意味だったりしますが。

4、もちろん学校の成績のいい人や、世間的な成功をしている人ではありません。ものごとの本当の意味をちゃんと見抜ける人、とでも言っておきますか。

5、まぁ、本気でやり続けた挙げ句がこのていたらくだ。



Q5 では反対に嫌いなタイプは?

 1 小さなもの、弱いものを思いやれない人
 2 自分が頭がいいと思いこんでいる人
 3 周りから自分がどう見えているか、無自覚な人。
 4 甘ったれた性根の人
 5 みんなが反対しにくいことを、大声で言う人

1、もちろん現在このタイプの筆頭はアメリカのスポンジアタマ大統領。No.2がコイズミだな。

2は、不潔記者氏が「無知の知を知らない人」と書かれたタイプだ。ついからかってしまって嫌われる。

3、人間の内面なんて、間違いなく見た目にあらわれます。体型や顔の造作なんかよりも、普段の表情や、着るものの趣味、仕草や言葉遣い、とりあえず30過ぎのオトナはそういった自分の見た目に責任もてて当然だと思ってます。
いい年して「見た目より内面重視で」とか言われると、コドモか?と思ってしまう。

4、親密な間柄の相手に甘えるのは否定しませんがね。どうせ軟弱な人間の一生、甘える相手なしにはやりきれないことがあるのは当然。
だけど誰にでも甘えて平気な人に、他の誰にでもするように甘えられるのはあんまり気分よくないっす。

5、「お父さんお母さんを大切にしよう」とか平気で言う人。ファシストだと思うとります。D.V.で苦しんでいる子供に、言えますか?、


Q6 自分がこうなりたいと思う理想像とかありますか

ずっと昔「『カミソリ』ではなく『鉈』になりたい」と言った友人がいました。
ちょっと、あこがれる。

Q7 自分の事を慕ってくれてる人に叫んでください!

 ありがと~~っ、愛してるぜぃっ!


Q8 大好きな人にバトンタッチ5名!(印象つき)

大好きな人、でいいのだな。

1、山田風太郎氏 おれにとって昭和の最高の文学者なのだが、あいにく故人。


2、キース・リチャーズ すまん。日本語書けないらしい。ヤシの木から落ちた傷は本当にもういいのだろうか?

3、隆慶一郎さん こちらも残念ながら故人である。

4、神内笛子監督 愛読中の日本橋ヨヲコ作「少女ファイト」の、主人公大石練(おおいしねり)が入学した、私立黒曜谷高校女子バレー部の監督。
美しく厳しく、実は「愛」を秘めた…と、思われる、あいにく、架空の人。

  
5、そこのあなた。どうだろう、このバトン、持って行かないか?

ひそかに感謝しとるぞ

20060914123733
おれが7時に家を出るなら6時に、6時に出るなら5時に、お馴染み我が家の婆や(くれぐれも実母です)は起き出してちゃんと弁当を作ってくれる。
料理の腕は世間並みなのだと思うが、たまにこんな洒落たマネをしてみせる。
桜の花の塩漬け。

胸に沁みるしょっぱさである。

全国の母ちゃんやカミさんやらが、あるいは同じように現場で働く職人の皆さんを支えておることを、ゼネコンの皆さんもたまには考えていただきたいものだな。

実りの秋

蝦夷地の公園の桜にも、ほどよい味のグローブが実る…






…こともある。

携帯から御覧の皆様

ファイルサイズの大きな画像など、FC2の携帯向け画面では表示されないことがあるようです。

こちらをお試しください。

「メモリ不足」などの表示はでますが、パソコン同様の表示で見られます。

パソコンで御覧の方でQRコードリーダー付きの携帯をお持ちの方はこちらを。


市内某所の老木。





最近たまに行くデート(?)スポット。

シマリスの子どもが住み着いていて、かわいらしい姿を見せてくれたりする。

阿部謹也さんの訃報

朝刊を開いて思わず声を上げたのは、阿部謹也さんの訃報。

著作をたくさん持っているわけでもない。
「ハーメルンの笛吹き男」すら、今室内のどこにあるのか行方不明だ。
こんなことを機会にあらためて読もうと思うなんて、ひどい読者だ。

おまけになにげに入った書店では、「『教養』とは何か」と一緒に、しりあがり寿の「マンガ入門」まで買ってしまった。これで「追悼」とかいっても、誰も本気にしないだろうな。



「パンシールのライオン」と呼ばれた男

先日紹介させていただいた長倉さんの写真集で、マスードのこんな言葉が引用されている。

「未来を創るのは子どもたち。戦争が終わってからでは遅い。今から子どもの教育が必要なんだ。」

長倉さんが出版をこの時期にしたのは、多分にマスードへの思いもあったんじゃないか?

5年経ってもどうしても「9.11」より先に思い出す9月9日。


http://yaplog.jp/garapagos2005/daily/200503/13

山寺立石寺

東北文化友の会という会の、実は年会費を払っていて、つまり会員であったりする。

東北工科芸術大学の研究機関「東北文化研究センター」の「研究者、市民との交流拠点」という位置づけ、会員の特典としては

(1) 友の会会報『まんだら』の配付(年4回)
(2) 『季刊東北学』の配付(年4回)
(3) 公開講座・上映会・講演会・シンポジウムなどの会員特別料金
(4) 東北芸術工科大学図書館の利用
(5) 地学連携のための助成金制度への応募資格。

といったところで、蝦夷地在住のおれは講座や図書館に足繁く通うわけにもいかず、もっぱら会報『まんだら』と『季刊東北学』を毎号送付していただくだけなのだが。

『まんだら』と『季刊東北学』は毎回一緒に送られてきて、先月も最新号が届いたのだが今回はもう1冊小冊子が同封されていた。


■ 慈覚大師円仁 追慕の情景
  千歳 栄
  東北工科芸術大学東北文化研究センター
  
平安時代の比叡山の高僧の遺骨が、木彫りの頭部像とともに、山形の山寺立石寺に運ばれ納置されていたという、それだけでも興味深い話だが、この寺のたたずまいがまた、ぜひ訪れてみたくなる玄妙なさまで大いに惹かれる。





どうやら会員限定配布の非売品らしいので、興味のある方は直接問い合わせられたらよろしいかと。

http://www.tuad.ac.jp/tobunken/

theme : 日本文化
genre : 学問・文化・芸術

チョウセンアサガオ

「漢字で書くと日本一『朝っぽい』花」と、ある友人が言ってたが実は「チョウセン」は差別的な表現で(いい意味ではなく)「巨大な」ものによくつけられると、昔聞いたことがある。本当かどうか未確認なので違ったらごめん。、首領様。

家の脇の空き地にて。

つぼみをオクラと間違えて食する人がいるというが、やはりオクラには見えない。






花は省略して、実。
ゴルフボール大だが、敵意むき出し?




で、こんな具合に種をまき散らす。増えるわけだ。



こういうフォルムの変化って、つい惹かれてしまう。

くれぐれも食えません。

意味不明



自分でも何を意図して撮ったか、わからない画像。

古いファイルを掘り起こしているうちに発見。

長倉洋海さんの新刊

20060903113941
治りきらない足で現場に行ってるもんだから、腰まで痛くなってきて、つい出不精になりそうだが、出てきてよかった。K伊国屋書店の棚には最後の一冊だった。
「あぶないあぶない」笑っ

■ アフガニスタン 山の学校の子どもたち
  長倉 洋海
  偕成社
標高三千メートル近いパンシール渓谷の小さな学校に、日本から備品を送る支援を長倉さんが以前からやってらっしゃることは知っていたが、優しさに満ちた美しい写真集に結実。
写真展、札幌にくるかなぁ?

お子様をお持ちの方は、ぜひともお子様たちと一緒に見ていただきたい。

もちろん例のフリルのシャツ希望

ここだけの話
札幌でエマーソン北村ソロライブを見たい。
というのがおれの秘かな夢である。

その北村賢ちゃん、何度かここのコメントでも紹介されたように、今夜はなんと築地本願寺でパイプオルガンを弾いているという。

見たい。

というよりもまず、あの築地本願寺にパイプオルガンがあったことさえ、知らなかったが。

そんなわけで、おれの秘かな夢も少しだけブロウアップしておくことにする。

「エマーソン北村ソロライブを、あの恥ずかしいニックネームの札幌コンサートホールのパイプオルガンで、いつか見たい。」

theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

百眼読書録
Twitter on FC2
カレンダー(月別)
08≪│2006/09│≫10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
ユーザータグ

MUSIC  とりぱん 東北 PHOTO 木建工事 IRISH エマーソン北村 松竹谷清 三度のメシ PC KelticCowboys スワローズ TO 日ハム 新庄 BASEBALL COMIC Hometown 野鳥 東北のこと 秋田にて Baseball RSR Twitter WRITE アイリッシュ CATS 

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
最近の記事
PHOTO and TEXT by

■眼谷猪三郎■


メールはこちら

■眼谷猪三郎■ 「まなこだにいさぶろう」

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。