1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くっちゃんジャズフェス

20060730163045
晴天で聞くジャズもなかなかアタマぶっとぶ経験である。
ちょっと前に紹介したソイル、とんでもないかっこよさ。
しびれた。
スポンサーサイト

最初は「二畳間」かと思った。

20060728000627



仕事柄蝦夷地をはじめとしてこの国の各地の、「建築現場の職人向け」の安くて…安い以外になんの取り柄のない宿に、多分軽く1000泊以上はしてきている。

「安い以外に取り柄のない}とはつまり、「安いんだから何が起きても文句いうな」という激安旅館やら激安民宿やらで

「夜の男子トイレで宿の婆ぁが朝顔めがけ立ちション」

とか、

「晩飯が何時間前にゆでたかもわからないざるそばで、箸ひとつまみで全て固まりでピックアップ」


とかが本当に起きる世界で、こうしていろんなことに動じない度胸が鍛えられてゆくわけである。


今回の宿は、「個室ですから」と案内された部屋が

「二畳と三畳の中間くらいの部屋に、ベッド」歩くスペースなしっ。

「ドアは(二年前の)地震以来閉まりませんから」貴重品おけず。

こんなことでは、もう全然動じない。


さて、いくら涼しい蝦夷地の夏でも、この季節、これだけ狭いと夜は窓くらい開けたい。

網戸くらいは入っている?



網戸のサッシは入っている。


網も張ってある。


サッシの片方の端から10センチくらいだけ縦に、褌状態で。


さすがのおれも用途不明のあの、日本記録級の網戸は、いったい何の役に立つのか?



日本橋ヨヲコはすごい

20060725212509
今日はこれまで一度も話題にしたコトのないマンガの話しだ。

イブニングに連載中の日本橋ヨヲコの「少女ファイト」は本当に面白い、というやはりまた年甲斐もない話しだ。

ご覧のとおり、女子バレーの話しである。

画像は最新号のえ~っと…とにかく最後から4ページ目、不適切ならソッコー土下座して取り下げます。

こんなアングルのこんな絵、普通想像できるか?実際にこの情景を見るシチュエーション、考えつかんもん。

少女ファイトは単行本第1巻が出たばかりだから、詳しくは立ち読みしないで買って読むコト。

「年甲斐」とか、考えてませんし。




昨夜はキヨシさんのライブ、久々に東京からかけつけた賢ちゃんも参加して、本当に宝物のような貴重な時間を過ごさせていただいた。
いい気になって朝帰りして、

「もう今日はなぁ~んもしないもんね♪」

とか思って寝ていたら突然。

「明日から出張いてこい」

と無情な指令が来た。

( ̄毳 ̄;)-~~

まぁ仕方ない。

ボケボケのアタマで買い物やら荷造りやらをどうにかすまし、あれもやってこれもやっているうちに、なんだか眼ばかりさえてしまった。

明日5時起き。眠れるかなぁ?

まだ整理もしていない昨夜の写真から1枚だけ。

theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

『代打・オレ』Tシャツ

http://www.yakult-swallows.co.jp/red_mpl/topicsView2.cgi

ヤクルトのグッズショップで、とうとうこんなモノが発売になった。

いや、実はもう買いましたよ、はは。朝の10時販売開始と同時に。

ヤクルトのwebショップは、申し込んでも確認メールがすぐに来ないのだな、これって結構不安になるモノですな。今時これは改善した方がいいと思うぞ。いたずらで注文するやつだっているだろうし。

それにしても、今現在オールスター真っ最中なんだけど、青木に続いて岩村までホームラン。

やっぱり、パ・リーグには強い?

theme : 東京ヤクルトスワローズ
genre : スポーツ

前述の喫茶店にて

20060720160324

まぁ、今更なんですけどね。

ちなみに市内の別の古書店の「1000円」て値札ついたままでしたが、660円でした。

■ ルー・リード/ワイルド・サイドを歩け
  ピーター・ドゲット=著/奥田祐士=訳
  大栄出版

古本とコーヒー

20060720150609
「売れない文庫本フェア」「中学生はこれを読め」などなど、かなり気のきいた企画をやってくれる書店が、同じビルでやってる喫茶店。書棚の本は自由に読めて、気に入ったら買える。文庫新書は80円。格安。

SOIL&“PIMP"SESSIONS


しばらく前に見た、NHK 教育テレビ「トップランナー」

2006.07.09 (日)/ 19:00~19:44
<再放送>7/13(木) 24:00~24:44【総合テレビ】

元晴(s)が会場の若者の質問に答えて言った

「スケール(トレーニング)やるときでも(自分の)身が入った音出せてないとダメ」

こんな言葉が「あぁ、本物かも」て気にさせてくれた。

で、いつものタワレコに探しに行ったが、今年は地元のジャズフェスにも来るというのに見つからない。まぁまだCD屋を何軒もハシゴするほど足も復調していないので、とっととアマ●ンで取り寄せ。

■ PIMP MASTER
■ PIMP OF THE YEAR

演奏自体、完成度の高いデタラメ感はおれの好みだ。

CDも発売していない頃にフジロックに出て、最初はガラガラの客席が最後には満員ノリノリだったとか、海外での評価の高さ、今年はモントルーにも招かれたなんていう話題はなかなか期待大だが、北海道の田舎のジャズフェスでどんなパフォーマンスを見せてくれるのか?
ある意味フジロックよりもアウェイかもしらんぞ。ちょい不安。

theme : JAZZ
genre : 音楽

「記録しておくこと」は本当に大切なコトなのか?

もちろんぱそやらネットやら、あげくの果てにブログの一般化で間違いなく歴史上かつてなかった量の個人情報が、劣化したり伝聞で変化することのない質のまま保存されている。
ブログだけではない。子どもの成長をDVDに保存したり、もちろん誰かの言った話しをICレコーダーに残したり。

こんなふうに変質することのない情報を蓄積するって、実は人類はこれまで経験してない。
つまりまるっきり初めての経験を儂らはしてるわけなのだが。

人類のこれまでの経験は、多分に出会った出来事をデフォルメしたりぼやかしたり、さらにはそこに勝手な想像を付け足したりして、いろんな「耐え難い経験」や、「こうであったらよかった」思いとかと自分なりの決着をつけてきた、ハズだ。違いますか?そんな中で、例えばおとぎ話や神話が、かなり大切な役割を、かつてはしてくれていた。


簡単に否定するつもりはない。かく言う当の自分が、ブログの「自分のデータベース」みたいな性格にだんだん頼っていくのを、不安に思いつつ承認してるからこんなコトしてるんだもの。こんなんがどんどん当たり前になっていくわけだから、多分手ひどい失敗するやつとか、うまいことすり抜けるやつとかの間でぶれながら、人間の経験が積み重ねられて、その中から切り抜けてゆくやり方を学んでゆくのだな。
結構意識的でいないといかんかもしらんと、自制。

つまり…「感謝」などされていないのだな。

北海道新聞 他
"サマワ支援で感謝状要請 陸自、地元州議長らに  2006/07/15

 【クウェート市15日共同】イラク南部サマワで約2年半にわたって復興支援活動を続けた陸上自衛隊が、地元ムサンナ州評議会の議長らに対し、撤収する陸自に感謝の手紙を書くよう求める書簡を送っていたことが、15日分かった。現地での評価を日本国内にアピールする狙いがあったとみられる。
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20060715&j=0022&k=200607155476

ああ情けない。やることがまるでコ悪党である。せこすぎる。

どうせならあのスポンジ頭の大統領の国みたいに

「撤退費用、全額持てや。9千億や。」

くらい言って世界のひんしゅくを買えばいいのだ。

「いやぁ米軍基地の移転費用に充てよう思いましてな。」

とか言い訳してみれば、世界も少しは同情してくれるかもしれない。


う~む、今日はなんだか不潔新聞みたいになってしまった。

theme : 国際ニュース
genre : ニュース

タイヤを新調

20060715165420
なんにつけ新しい履き物は気持ちいい♪

バンドマン 歌ってよ♪




さてその忌野清志郎といえば、儂らロックオヤジ世代がガキの頃、どこのご家庭にも1枚は(なければダビングした「カセット」が1本は)あった

■ RHAPSODY RCサクセション

これを聴いたばかりに多くのがきんちょが、ミシシッピーやらメンフィスやらニューオーリンズやらティンブクトゥーやらへ誘われてしまった、1980年のライブ、間違いなくこの国のロック史上とてつもなく重要な作品だが、今は「完全実況盤」として「RHAPSODY NAKED」が2枚組+DVDで手に入る。

いやぁ、全然古くないっ。とてつもないエネルギー、グルーヴ、エモーション、そして色気も。笑っ

もちろん高校生のがきんちょであった遠い昔よりもはるかにいろんなことに思い至りながら、胸をアツくしてしまうのだが、懐古趣味的な話ばかりしていてもしかたない。

心配もし、痛ましく思ってもいるのだが、どんなかたちにせよ、かならずロックの現場に戻って来てくれると、勝手にかたく確信している。


ニュージーランドで木から落ちたあの先輩みたいに。

じえーたいいんには、いなかったよな、こんな人。

しばらく前に紹介したPatti Smithのフランス版「Trampin'」
ライブの1曲目「jubilee」の冒頭で彼女はこんな風に言ってる。

”We should like to thank and show solidarity with everyone in France
who marched against the attack on Iraq by the Bush ministration.”

Neil Youngなんかよりはるかに早くから、ブッシュのイラクへの愚行を批判してはばからなかった彼女の、webサイトではでいま、イラクへの配置を拒否して軍法会議、投獄に直面している(どうやら日系人の)中尉についての支援の記事が掲載されている。

http://www.pattismith.net/news.html

支援サイトはこちら。

http://www.thankyoult.org/

あいにくこれだけの英文を、全部一気に読みこなす力量がないのは悔しいが、写真を見た限り毅然とした、穏やかそうな若者である。もちろん大変勇気ある行動で、とりあえず読者の皆さんにも知ってもらいたいと、取りいそぎ掲載。

theme : 国際ニュース
genre : ニュース

おーのーっ。

王監督に続いて、こっちのキングまで。


『"忌野清志郎、喉頭がんで入院

 ミュージシャン忌野清志郎(55)が、喉頭(こうとう)がんのため入院し、公演などの予定をすべてキャンセルすることが分かった。13日、公式ホームページで発表、直筆メッセージを掲載した。"』

http://www.nikkansports.com/entertainment/f-et-tp0-20060713-59878.html

今年のライジングサンの一発目はほとんどRCだ、と楽しみにしていたのにぃ。

theme : 音楽ニュース全般
genre : 音楽

タイトルなし

20060712201232
おそろしく久しぶりに夜の徘徊。

やはり街ん中は蒸しあちぃ。

ピラニアちゃん

20060710151514

Missy "the Missile" Giove
ミッシー・ジョーヴィー。

K.D.LangやSinead O'Connorとともに、90年代おれのアイドルの一人だったアメリカのMTBダウンヒラー。
特異なファッションや言動、世間の「規格」と関係なく自分を押し立ててゆく(それにともなう軋轢や摩擦を全部引き受けつつ)姿勢、だけどメディアに露出する彼女はいつも自分に対する確信に溢れていたし、、インタビュー記事なんか読んでもちゃんと足元が見えているようで、好感が持てた。

飼っていたピラニアの遺体をペンダントにして首から下げていた。そんなエピソードを当時のチームの親会社がウェアやグローブにした、その中のひとつ。

どうやら2年くらい前に引退したみたいだけど、今はどうしているんだろう?

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

テストである。

20060707233619
モブログが反映されるかどうか。
16:30頃投稿した記事はまだ反映されていない。

3年ぶりくらいか?


リハビリ。
10年以上前のマウンテンバイク。思ったより快調である。

まぁ何はともあれ 祝 11連勝♪

 日本ハム・ダルビッシュが、前代未聞の「大失態」を犯した。勝てば61年東映の球団記録11連勝という一戦に先発したが、何とユニホームを忘れるハプニング。前日まで試合をしていた札幌ドームのロッカーに忘れ、この日は何とルーキー八木から急きょレンタルしてマウンドに上がった。

日刊スポーツより

http://hokkaido.nikkansports.com/baseball/professional/fighters/f-hf-tp0-20060707-57143.html

たのもしい。ある意味チョーさん並みの大物ぶりである?
いや、チョーさんのエピソードの中では、ユニフォームを忘れたくらい小さな出来事に入るのでないか?

むしろこの程度の失敗を「前代未聞」などと騒ぎ立てる日刊スポーツの記者に猛省をうながしたい。スポーツ紙の記者として、致命的に不勉強である。
おれも愛読している「不潔新聞関西版」を熟読して、よく勉強するといい。


「フランス徘徊中」

先日もお話したように、某国のミサイル試射にも簡単に報復攻撃できちゃう便利なGoogle Earthだが、もちろん「屁ごときでは手ぬるい!」とお怒りの方は、今すぐに画面に発射台上空画像を表示してお使いのモニターを床に置き、その上でパンツをおろして「実弾」をおみまいしてさしあげたらよろしいかと思う。
まぁ、おれはしませんけどね。(これを「屁い和主義」という。)

さて、"ツール・ド・フランスの公式サイトで、Google Earthを使って全行程の衛星写真が閲覧できるようになった。"

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0607/07/news016.html






これは楽しい。

ステージごとのプロフィールマップなんかも見られるし、スタート、ゴール地点をクリックすると簡単な紹介記事がポップアップする親切ぶりである。

惜しむらくはラルプデュエズの画像が今いち精細でないことだな。ミサイルの発射台なんぞ本当はどうでもいいから、こっちにチカラ入れて撮影してきなさいよ。

Google Earth 
http://earth.google.com/index.html

ツール・ド・フランス公式HP
http://www.letour.fr/index.html

ちなみにラルプデュエズはこんな感じ。(クリックするとちょっとだけ大きい画像が見られます。)


theme : スポーツ
genre : ニュース

今日のびっくり

1、当然朝のミサイル報道 

とりあえずGoogle Earthで発射基地上空の衛星画像検索してモニター越しに握りっ屁で報復しておいたので皆さんご安心ください。。

2、大分県警佐伯署は3日、宮崎県高鍋町内で自転車を盗んだとして窃盗容疑で、熊本県天草市出身の住所不定、無職の男(44)を逮捕した。逮捕場所は高鍋町から約100キロ離れた大分県佐伯市内。調べに対し「仕事を探しに福岡へ向かう途中だった」と話している。

http://www.zakzak.co.jp/top/2006_07/t2006070404.html

嗚呼どうしてもこの人、知ってるような気がしてしかたがない。


3、で、一日が終わる頃にホークス王監督の入院記者会見でひっくり返ったのだが、残り20分、まだまだ油断できんな。

Thor HUSHOVD

ブラジルが負けたのよりびっくりした、ツール・ド・フランス開幕前日にドーピング疑惑で優勝候補が出場停止。


て、下書きしていたらこっちの方がずっとずっとびっくりした、中田の引退。

アトランタ五輪の後まもない頃、高円寺の雑踏を歩く前園と中田を見たことがある。あの時の二人はスターのオーラのかけらもない、楽しそうに街をぶらつく、ふつーの兄ちゃんたちであった。

あの時の姿を思い出すと「ずいぶんと遠くまで行ってしまったなぁ」とは思う。アトランタ五輪が1996年であったから、もう10年くらい経てば新橋の駅前でサラリーマンの皆さんに混じって酔っぱらって歩くふつーのおっさんに戻ってくるかもしらん。無理か?

まぁ今月はもう1回、びっくりさせられる予定。
ご想像の通り、新庄のオールスターのパフォーマンスである。期待特大。

で、そのツール・ド・フランスだが、現在の暫定1位がノルウェーの選手で日本のスポーツ紙や専門webサイトでも呼び方がまちまち。

「ヒュースホーウト」「ハスホフト」「フショブト」などなど。早く統一してあげないと失礼であろう。

theme : スポーツ
genre : ニュース

さらば

20060704131526
不要になったから病院に返却。

松葉杖の弱点

☆急坂や大きな段差はかなり怖い。つか無理。
☆狭いトコもキツい。カニ歩きは少し熟練が必要だな。

これからは、松葉杖の人を見かけたらそんなこんなを少し思い出すんだろうな。

世話んなったな。

二足歩行

ようやく松葉杖から解放され、かなりもたもたではあるが二本の足で歩き出した。(進化というやつである)

某国営放送のドキュメンタリー
ETV特集
「楽都は再び歌う」

ちょっと悔しいが、1時間半、ほとんど泣きながら見ていたニューオーリンズのミュージシャンたちの困難と、立ち向かう勇気と底力。


そのもっとも被害の甚大だった「ロウワーナインスワード」地区はいまだに放置されたまま。貧乏な黒人たちの住まいだった地区にショッピング・センターを作る気でいる行政に対する憤りも表明しておかねばなるまい。


メンフィスくんだりでサル並みの芸を披露してスポンジアタマのプレジデントのご機嫌とりをしていたどこぞの阿呆…尻尾振ってるなら4本足のイヌころか。

ニューオーリンズの皆さん、この国のまともに二足歩行している儂らは、今でもこうして皆さんから言葉にできない豊かなモノをちゃんと受け取っておりますぞ。

エルビスに非はないはずだが、「LOVE ME TENDER」は犬も食わない。となんとなく思いついた夜。

ほら

20060701011600
まだ増えてる。

じわじわ



Googleのwebメール"GMAIL"のログイン画面。
容量の表示がどんどん増えていく。
(ちょっと面白い)
百眼読書録
Twitter on FC2
カレンダー(月別)
06≪│2006/07│≫08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
ユーザータグ

MUSIC  とりぱん 東北 PHOTO 木建工事 IRISH エマーソン北村 松竹谷清 三度のメシ PC KelticCowboys スワローズ TO 日ハム 新庄 BASEBALL COMIC Hometown 野鳥 東北のこと 秋田にて Baseball RSR Twitter WRITE アイリッシュ CATS 

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
最近の記事
PHOTO and TEXT by

■眼谷猪三郎■


メールはこちら

■眼谷猪三郎■ 「まなこだにいさぶろう」

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。