1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一つの「弁天島」

海に突き出た半島の、両側の付け根に、それぞれ港があり、先日行った弁天島と同様、もう一つの港にも、まるで双子の姉妹のように弁天様を祀った島があります。「ひょっこりひょうたん島」のモデルになったと言われている蓬莱島です。

こちらももちろん、津波の被害を受けましたが、灯台も再建され、昨年秋に来た時にはアンカーだけになっていた鳥居も新しくなりました。

IMG_6613.jpg 

お社もきれいに改修され、中には遷座された美しい弁財天の姿を覗き見ることができます。


IMG_6615.jpg 

波打ち際では、メカブを採っている方もいました。
よく晴れた日曜日、お参りに訪れる方の姿が絶えません。

IMG_6621.jpg 
スポンサーサイト

「再生」の時間

この町に来て半年が過ぎました。
着いた頃は秋祭りの季節でしたが、今は東北にも桜が咲いています。

来てまもない頃に、偶然見つけてすっかり好きになったのが、この弁天島の景色です。
調べてもwebにはあまり情報のないこの小さな島、どうやら個人の所有だったようですが、周りの美しい砂浜は海水浴に利用されたりしていたようです。

IMG_5769.jpg


宿から歩いて15分ほどの、ちょうどいい散歩コースなのもあって、何度か来ていたのですが、今日初めて、引き潮のタイミングにあたったようで、島の手前の砂浜がつながっていました。
さっそく渡ってみました。


IMG_6316.jpg


小さなお社の後ろの松の木、震災以前にはどうやら他にも木立があったようですが、津波をかぶりただ1本残ったこの木も、ご覧のとおり塩害でしょう、すっかり枯れて見えます。


IMG_6319.jpg

島は高さ10メートルに満たないでしょうか、小さな頂上まで登って、松の木の根本をふり返ると、大きな岩を抱いていました。こんな姿が、人々の信仰の対象になったのかもしれません。

IMG_6347.jpg

そして

IMG_6330.jpg

その松の根本近く、数本の松の若木が芽吹いています!

震災から5年、という時間はおそらく東北と縁遠く暮らしてらっしゃる人々には関心も薄れるのに十分な時間で、一方実際にこの地に暮らしている人々には、なかなか元の暮らしに戻れずにもどかしい思いと、そんな自分たちが世界から忘れられはしないかという不安や焦りを抱かずにおれない、いやこうしてわかったようなことを書いているわたしにも、もちろん計り知れない思いの膨らむ時間なはずです。

だけどかつてこの町の人々の眼を楽しませてくれ、気持ちをなごませてくれた松の木も、この実生から立派な木立の姿まで成長するのには、おそらく数十年の時間が必要であったわけで、これだけの規模の「再生」には、やはりそんなスパンの時間の感覚が求められるのではないかと。

三陸の片隅の、本当に小さな島のてっぺんで、今日はそんなことを、松の可愛らしい実生に教わっていたのでした。

tag : 東北

小鎚神社

かつては山中の製鉄跡近くに祀られていたという神社です。



震災前の町のはずれの、小高い場所にあったために、津波がこの鳥居のすぐ手前で止まって残ったという、祭り好きなこの町の人々にとっては心の拠り所でもあるのかもしれません。

それにしても驚いたのは、この山神さま。


真っ赤な炎を背負い、赤児を抱いた女性、傍らに太刀を履いた童子を連れています。いったいどんな由来なのか?

弁天島

今月はちょっと中断を挟んだけどこの町で、2ヶ月。
休日は他の町に出かけたりせず町内のあちこちを見て歩くことにしています。

昨日もこれまで足を向けていなかった宿の近くの漁港方面から、山林の間を抜ける道へ。

縄文時代の遺跡が出たといいうあたりまで来た時に、林の向こう、斜面の下の海岸に突然見えたのがこれです。

IMG_5591.jpg

町の観光ガイドなどにも一切載っていなかったけど、神々しいまでの存在感。
もちろん津波をかぶったはずですが、鳥居も狛犬も小さなお社もきれいに残っています。
立派な木だけは多分海水のためでしょう、枯れているように見えますが、それでも震災からこれだけ時間が経ても、しっかり立っています。

今日あらためて調べてみましたが、どうやら個人で建てたものらしいです。
建てた方は震災で亡くなられて、役場などでももう仔細がわからないらしいのです。

きれいな姿で残っているところを見ると、それでも手入れをしてらっしゃる方がいるのかもしれません。
砂浜には足跡がありました。

TIGER, tiger, burning bright

有名な詩やら、SF小説なんかもありましたが、三陸沿岸の虎です。

「獅子舞」ではなく「虎舞」。前足で顔を洗う動作や、エロチックな絡み方もとても完成度の高い舞です。

獅子頭ならぬ「虎頭」の造形も迫力満点。
素晴らしい。

大漁と豊作を言祝ぐ、土地ならではの祝福、舞っている若者たち、この時震災3年半。

どんな思いでいたのかは、私たちには想像のしようもありません。



BRINGING IT ALL BACK TOHOKU

BRINGING IT ALL BACK TOHOKU

さてと、

東北には本当に何度も来ています。2011年にも3月の末からGWをはさんで夏までいました。
今回は三陸の沿岸、少し長い滞在になると思います。
今度は正月をはさんで、来年の春近くまでかかるかもしれません。


仮設住宅、もちろんまだまだそこで暮らしている人々がいます。いや仮設住宅同様、プレハブの建物で営業している商店があります。

宿をグーグルマップで検索して、最寄りのコンビニをストリートビューで見ると全国チェーンのそのコンビニが、やっぱりプレハブで営業していた様が写っている、実際には津波をかぶったであろうその場所ではもう営業していなくて、移転なさったのか、それともやめられたのか、まぁわかりません。

ご存知の通り今朝、津波注意報で未明に近所の高台の老人ホームに避難、深刻な事態には幸いなりませんでしたが、明け方の老人ホームのロビーで「寒いでしょう」と手渡された温かいお茶、嬉しかった。
こっそり、泣きました。


この町に、私は学校を建てに来ました。
子どもたちのための木造の、地元の木材を使った建物です。


「人の引いた図面で工場で加工した材料を建てる」仕事ですが、そんな建物でいずれ子どもたちが過ごし、育ってゆくのなら、
この土地にいる/いた、人々が少しは心安らぐお手伝いをできているのかもしれない、
それはずっと昔、無念を抱えて逝った魂を鎮めた舞や、沈んだ魂を奮い起こそうとした演劇の始原に、たぶん通底する、行為なのだと軽くうぬぼれながら始まったばかりの現場をこなしてゆくことにします。

3月11日

相変わらず北緯45度、ほとんどこの国の最北に近い町で仕事してます。
宿に帰って、やっぱり震災関連の番組をいくつも見て、もちろんこんな時だけではなく日頃から多くの人がかの地のことを思う方がいいに決まっていますが。

自分でも何か言葉にしようといろいろ考えみたけど、自分と東北との関わりってあまりに広範囲にわたっていて、簡単にまとまりそうもありません。

ただ、今年はどうやら東北でも沿岸の町に、仕事をしに行くことになりそうで、そんなこととも絡めて、これまで私が見てきた東北、東北から私がいただいた豊かなものたちのことを、少しずつでも語れるといいと、考えいるところです。

現場のガードマンの話

もちろんあいかわらず、東北にいる。
盆まで何もなければ帰らない。

その東北の、ガードマンのじい様から、今日聞いた話を残しておきたい。

震災直後、停電でテレビも見られず、その深刻さを本当に知ったのは現場の発電機でテレビをやっと見せてもらった時だという、そんな土地だ。

かり出された、たぶん電柱かなんかの復旧工事だったんだろう、道路の向こうからスクーターを押してくる若い女性。事情を聞くと実家のある気仙沼まで行くという。
ガス欠の上にオイルも切れたスクーター、それでも彼女は矢も盾もたまらず実家の無事を確かめずにおれなかったのだろう。
電気工事の皆さんと駆け回って、オイルとガソリンを見つけてきて、スクーターを動く状態して、送り出したそうだ。

そこから気仙沼まで約80キロ。

「その時のあの子の顔は、忘れなれないねえ。」

無事に着いてくれただろうか?

おれも、あの年の東北皆さんの、あれほどの困難の後の強い意志に満ちた顔を忘れてはいません。

こんな話を聞くたびに、涙腺自動ぶっ壊れ機能が作動する。
これも変わってない。

スズメ

盛岡といえば、百眼的にはとりぱんである。


昨年全国2000万(勝手に推定)とりぱんファンの聖地「T松の池」で、マンガ本編そのまま、巣立ったばかりの子スズメが、地面に撒かれたパンくずを親鳥にねだる場面を目の前で見て、即刻妻に「マンガのまま」と電話したバカとりぱんファンにしてバカ夫でもある。

今回は、現場の駐車場が空いている一軒家の前庭でして、その空き家の軒下にどうやら巣を作ったらしいスズメのご夫婦、しきりに出入りしている。ヒナがいるらしい。


ちびっこの巣立ちにお目にかかれるか、ちょっと期待している。

tag : とりぱん 東北

ひとりしずか

そしてまた、盛岡にいる。

このあたりは田植えの季節。

昨年の今頃、沿岸近くで瓦礫に埋もれて為す術もない田畑を、目の当たりにしてガサガサになっていた時に、やはり東北の内陸部で、当たり前に水を湛えて、淡い緑の苗が整然と植えられた田んぼを見て、本当にその美しさに涙が出て仕方がなかったことを思い出す。


連休中に妻と散歩に行った公園で、今年も咲いていた、ひとりしずか。

Life Goes On.


百眼読書録
Twitter on FC2
カレンダー(月別)
09≪│2017/10│≫11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ユーザータグ

MUSIC  とりぱん 東北 PHOTO 木建工事 IRISH エマーソン北村 松竹谷清 三度のメシ PC KelticCowboys スワローズ TO 日ハム 新庄 BASEBALL COMIC Hometown 野鳥 東北のこと 秋田にて Baseball RSR Twitter WRITE アイリッシュ CATS 

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
最近の記事
PHOTO and TEXT by

■眼谷猪三郎■


メールはこちら

■眼谷猪三郎■ 「まなこだにいさぶろう」

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。