1. 無料アクセス解析

「減塩」て、実はあまり好きじゃないっす。

先日紹介した日本茶のお店では、これまた絶品の梅干しをお茶請けに出してくれたりする。
こないだのセロリの梅酢漬けもたまらない逸品であったが、今日もその辺り、この国の「本当に」美しい一面のお話し。

昨夕、中央線某駅前の焼鳥屋でおなじみの連れ合いと呑んでいた時のこと。

隣に座った若い男女、漏れ聞こえてくる話の内容から、女性がどうやら札幌出身。
会社勤めらしい彼女、自分では意識しない「北海道弁」が悩みのタネ。
そうそう、札幌出身者は不遜にも自分の北海道弁を自覚していない場合が割と多い。
かく言うおれも今をさること30数年前、渋谷区立大向小学校の教室で「お前、身長『なんぼ』?」と何のてらいもなく尋ねてクラス中から差別的な大爆笑をいただいたことがある。

まぁあの日の屈辱はとうに時効として、北海道民が同じように何の疑問もなく使って東京都民から失笑を買いがちなのが、例えば「ゴミを『投げる』」。
もちろん「捨てる」意味で、いちいち腕を振って遠くまで飛ばす動作なんぞ想像してくれなくていい。
つーか、この「ゴミを『投げる』」という表現、ほんの少し離れた北関東では結構当たり前に流通していたりするんだよな。

焼鳥屋で隣あわせた彼女も、そんなありがちな地域性のギャップに、まぁそこは若いお嬢さん、それなりに苦労なさっているわけだ。

彼「あとねぇ、『あんばい悪い』」って言うでしょ?

彼女「えぇ?『あんばい悪い』も北海道弁?言わないの?『あんばい悪い』って」

もう、この辺で眼谷組は自分らの会話なんかろくにはずみやしない、複雑な思いを目配せだけで交わしながら、お隣の話の行方にわくわくしている、イヤな中年カポーである。

「『塩梅』悪い」
間違っても「案配」なんて無粋な字はあてたくない、この国のご飯とお茶と切っても切れない大切な食材が、食生活だけではなく言語表現までも豊かに彩ってみせた、聞くだけで唾液が湧き出すおいしーフレーズだ。
お嬢さん、臆することなく使いなされ、ほれ、などと乱入こそしなかったが、方言ごとき、愛嬌交えて屈託なく語り合えるようでありたいよなぁ。
最後にどうでもよさそうなことだけど、こういう話題に「文化」つー言葉を使うと途端にウソ臭い気がするので、実はこう見えて結構意識して避けている。
そんなこと考えんのって、おれだけ?

コトバは「言葉」であるだけで十分に風味豊かで、「文化」なんて正体の曖昧な調味料はいらんと思うべさ。

「しばれる」

明朝の最低気温はマイナス6℃ほどらしい。
つ~か、今夜の帰り道ですでにマイナス5℃近く。昼間が少々暖かくて路面が溶けていたのでそこいら中スケートリンク状態である。
こうなると「ブレーキを踏むと車が止まる」なんてもはやどこかの国の迷信みたいなもの。
ヘタをすれば誰の意志にも関係なく滑走する2t近い鉄の塊だもの、物騒なことこのうえない。
「ハンドルを切ると車は曲がる。ただし、思いもしない方へ。」
「アクセルを踏むと発進する。………運がよければ。」

ことほどさようにハゲしい冷え込みで、うかつに外を歩けば鼻毛すら凍りかねない軽く命がけの状態を、北海道弁で「しばれる」と申します。

実用北海道弁講座 第一回 気が向けば続く。
百眼読書録
Twitter on FC2
カレンダー(月別)
01≪│2017/02│≫03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
ユーザータグ

MUSIC  とりぱん 東北 PHOTO 木建工事 IRISH エマーソン北村 松竹谷清 三度のメシ PC KelticCowboys スワローズ TO 日ハム 新庄 BASEBALL COMIC Hometown 野鳥 東北のこと 秋田にて Baseball RSR Twitter WRITE アイリッシュ CATS 

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
最近の記事
PHOTO and TEXT by

■眼谷猪三郎■


メールはこちら

■眼谷猪三郎■ 「まなこだにいさぶろう」

リンク
ブログ内検索
RSSフィード